桜咲く季節に#05

somehiro-2016-04-17-03
桜も見納めですね
桜咲き始めの、開花宣言直前は話題になるのに
桜散り終わりは、人々の関心は他に移ってしまいますね。

今年の年度末は
お世話になった方々との別れが多く
昨年末からの多忙も重なり
心の真ん中に大きな穴が空いてしまいました。

somehiro-2016-04-17-02

写真のシャツは
ロッカーの私物整理で
ある方から頂いたもの

somehiro-2016-04-17-01

みんな藍で染めてみました。

このシャツ達
大切に着させて頂きます。

桜も散り
心の穴は埋まらず
何か取り残された感があるのですが
全て、創作の糧にします。

—— 4/15 追記 ———

見える別れ、見えない別れ
あまりにも突然の事が多すぎる。

コンビニでビールを買って
ネオンが揺れる水面を見ながら話したのはコレです。

苦い思い出しかなかったです。
Nさんありがとうございました。

LINEで送る
Pocket

桜咲く季節に#04

somehiro-2016-04-15-04

昨年最後の染めをした日
確かクリスマスの4日位前の日の事

液面を眺めていたら
様々に変化する表情から
いろんなビジョンが湧きあがる
神秘的な瞬間

somehiro-2016-04-15-03

今年に入って
染めが出来ない日々。

クラウドのUNIXサーバーにコマンド叩いて
Webサーバーの設定をする、という
染めやクリエイティブな作業とは
全く異なる作業をしていました。

somehiro-2016-04-15-02

まぁ、仕事だからしかたなく
やりたくない事もやりますが
僕には全く向いていない仕事です。

役にたったのは
表の世界よりも裏の世界の方が快適な事もある
GUI よりもCUIみたいなPCの仕組みを知れた事かな

somehiro-2016-04-15-01

クラウドのサーバーと自分の脳味噌をフルに動かして
再起動を繰り返し、鼻血が出る日々をすごして
(僕は披露すると鼻血がでます)

真っ暗な画面から読み取って行く
染めをしている時に感じる神秘的な直感と
クラウドサーバーにコマンドを叩いて設定確認する作業
対極にある似て非なるもの。

ああ、やっぱり僕は染めが好きなんだなぁ
染めをしないと死んでしまう

やっと桜の咲く頃に染めが出来て
そんな事を再認識しました。

LINEで送る
Pocket

桜咲く季節に#03

somehiro-2016-04-10-08

桜散りはじめの公園で
杖を持つ老人と
その半歩前を連添う人とすれ違う

老人と目が会った瞬間
死期が近い事が伝わる
今年が最後の桜。

目線は僕に向いているけど
見ている世界はこの世界ではないらしい

老人に
この桜は見えていたのだろうか

somehiro-2016-04-10-07

桜の花びらを踏みしめて歩きながら
誰もが死に向かっている事を
再認識する

長くは留まれないし
多くは忘れてしまうけれども
大切な思い出は残るのか?

20年前の
学生時代のスケッチブックを眺めていたら
今日の出来事とシンクロするコラージュを見つけた

20年前には
見れなかった世界を感じ
大切な思い出も増えていけるなら
年を取るのも悪くはない。

LINEで送る
Pocket

桜咲く季節に#02

somehiro-2016-04-10-01

今年の桜は、長く咲いている様で
気持ちよい気候なので外で撮影してみました。

somehiro-2016-04-10-02

「ひばり」が近くで鳴いていました。
まだ若いのかな?鳴き方がぎこちなかった。
昔はよく聴いたけど、最近ではめずらしいなぁ。

上空高くで羽ばたく姿はよく見かけたけれど
こんな近くで見るのは初めて。

somehiro-2016-04-10-04 somehiro-2016-04-10-03
姉が遊びにきていたので最近の染め着てもらって撮影してみました。
やっぱりハンガーに吊るすだけより、伝わってくるイメージ違いますね。
サンクス!です。
somehiro-2016-04-10-05
こちら、新作!
昨日染めたばかりのレースカーディガン
ちょ〜っとイメージ違う染上がりだけど、この感じはグッド!
(綿麻素材のはずが、、アクリル混かな?)

いろいろとイメージ膨らませて新作染めてます。

LINEで送る
Pocket