2014年 染裕をよろしくお願い致します

2014年 染裕
2014 新年おめでとうございます
染裕 本年もよろしくお願い致します。
 
昨年の染めの一部をまとめてみました
(HPや染裕Webshop、こちらのブログも今年は更新させる予定です)

昨年を振り返って、「暖簾」のご注文が多く、
染めていた時の気持ちを冷めてしまわないうちに、、、
 
暖簾を染めていると、いろいろなイメージが頭の中を通り過ぎます。
店舗にしろ、個人のお宅にしろ、暖簾のある風景をイメージして
発展と繁栄を祈願して、自分は染めをしながら“祈祷師”なんじゃないかな…
なんて思いながら、ちょっとでも気を抜くと染まりが変わるので意識を集中して
柄を絞ったり、筒で描いたり、藍の液の中に生地を浸しています。
 
柄や生地の打合せを終え、いざ染めの準備に取りかかると染め上がり納品迄、
イメージでは旅に出発して帰ってくるようです。
しかもその旅は“過去”と“未来”を行ったり来たりする、
まるでブランコが前後ろに揺れるように
現在からスタートして“過去”と“未来”に揺れながら
暖簾が完成するまで意識を集中してタイムスリップを味わいながら、祈る。
そんな意識になっています。
きっと、「暖簾」を染めるとは
現在をスタートして過去と未来をイメージしながら将来の繁栄を祈り、
完成された「暖簾」は
そのイメージに導くチケットみたいな役目で
その空間を守る(あちらとこちらに区切りをつける)
そんな効果?威力があるんだと思います。
(染裕が制作した暖簾はそんな威力を持たせたい…)
昨年、注文頂いた暖簾の染めは
少々難しい染めをして、途中に困難を伴ったのですが
染めあがると不思議な事に次のビジョンが見えて
振り返ってみると注文頂き私自身を鍛えさせて頂きました。
完成した暖簾、
それぞれの空間に納まり、大変うれしく思っています。
染めの途中で10年後はイメージしてました。
(PINGを飛ばすと帰ってくる、みたいな。メチャクチャな例えでスミマセン)
20年後は、イメージ薄いですが
大事にお使い頂ければ良い風合いになっていると思います。

 

そんな風に注文頂いた暖簾をいくつか染めて、
自分が染めたい暖簾のイメージが湧いてきました。
今年はそれを染め上げて展示販売会で発表しようと思っています。
展示の詳細が決まれば(5月中旬予定)こちらのブログでお知らせいたします。
2014年 今年も染裕 よろしくお願い致します。
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です