TUMUGI 鯉口シャツを染めました

鎌倉にオープンした
創作和食居酒屋「TUMUGI」さんの店員さんが着る制服
鯉口シャツを藍染めで染色させていただきました。

 

オーナーの石井さんからは
柄はおまかせ、全部ちがう柄にしてください。
こんなオーダー頂くと、気合い入ります。
 
店名の TUMUGI  ーツムギー 
由来は人と人の出会い、文化の発信地としたい
そんな願いが込められているそうです。
 
柄によって大きさやレイアウトを調整して
TUMUGIの文様を入れてみました。
 
お話では伺っていたのですが、
納品でお店に伺い、ビックリしました。
お店の内装、インテリア、料理、お皿、
隅々のこだわりが半端じゃないです。
 

藍染鯉口は夏用制服の一着として
店員さんに着て頂けるようで、嬉しい限りです。
鎌倉を訪れる際は、是非!
ランチ、ディナーともにおすすめのお店です。
LINEで送る
Pocket

祝20周年 醇風満月堂のれん 生成りバージョン 夏用 納品

15周年の時には、藍染めTシャツを制作した
レゲエ居酒屋「醇風満月堂」さん、はやいもので今年は20周年!
今回はのれんを制作させて頂きました。
 
somehiro-20130727-満月堂のれん03
オーナーの石毛さんと打合せしながら、
満月堂の文字を左右でライオンが向合うデザインに。
 
このライオン、yuda of lion 「ユダのライオン」と呼ばれ
図案を制作するにあたって、いろいろと意味を調べてみました。
簡単に説明すると、、
レゲエには”ラスタ”という思想運動と根強く結びついており
ラスタファリ運動のシンボル
ユダ族の征服獅子王のハイレ・セラシエ1世の象徴で、
 赤・戦争による血
 黄色・太陽
 緑・豊かな大地
(本来のラスタカラーには 黒・故郷のアフリカ も有)
の旗を持っているそうです。
 
うむふむ。。
あまり奥深いところまでは掘り下げなかったので
日本人の私にはイメージする事しかできませんが、

様々な歴史と思想が凝縮されたメッセージなんですね。
ライオンの姿に「唐獅子」のイメージを重ねてみました。
そして出来上がったのがコチラ↓
 
somehiro-20130727-満月堂のれん02
夏用の麻生地のれんバージョンです。
顔料で文字と文様を入れてみました。
 
somehiro-20130727-満月堂のれん01
実は、、、
開店記念日には間に合わず、ようやくお届けしてきました。
次は藍染めバージョンもご用意!
ちょっと制作立込んでまして、、、
なるべく急ぎで制作します。
 
LINEで送る
Pocket