染裕備忘録 木下惠介監督作品

 「カルメン故郷へ帰る」より

この写真は「カルメン故郷へ帰る」を見ていたら、
生き生きとしたシーンに思わずカメラを取り出してシャッターを押した1枚なんです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★

木下惠介監督の事は、全く知らなかったのですが
大林監督がインタビューの中で影響を受けた作品として取り上げていたり、
(あぁ、。。大林作品のレビューは、いずれまたの機会に。。。)
日本映画を調べていたら何度か名前が出て来たので
これはチェックしなきゃ!と見てみたらビックリ。

日本人映画監督の中で、木下作品はアクがなくて豊かで深みがあり充実している。
黒澤映画はドスが効き過ぎ、小津作品は淡白過ぎで、それが魅力で病み付きになって
好き嫌いが別れるだろうけど、木下作品ははずれがないというか、万人受けする、というか。

。。。すごい勝手な評論してて嫌にもなるけど、、
染裕個人的見解なのであしからず。。でご了承を。。。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★

先日、、中学時代の同窓会があり
国語担当だったの高橋先生と再会!お酒も入って何故か
昔の日本映画や女優さんの話しです~ごっく盛り上がったんですね
写真の「高峰秀子」さんも、染裕大好きな女優さんです。
この方は、天然天才肌の女優さんだと思います。

高橋先生おすすめの、「マキノ映画」「成瀬映画」
今度チェックしてみますね

PS.おすすめ作品(マキノ監督or成瀬監督)あればコメントくださ~い

☆★☆★☆★☆★☆★☆★

評価:
木下惠介,木下惠介
松竹ホームビデオ

¥ 3,526

(2006-06-24)
コメント:日本全国を南から北へ、タイトル通り「喜びも悲しみも幾年月」。日本の四季や各地の風土なども盛り込まれ、主題歌と共に印象に残る感動作でした。あぁ。色々な人生。。

評価:
壺井栄
松竹ホームビデオ

¥ 2,926

(2007-06-27)
コメント:戦争と子供達。1枚の写真とそれぞれの人生。大石先生(高峰秀子)の清く凛とした姿が美しい。

評価:
木下惠介
松竹ホームビデオ

¥ 3,515

(2006-06-24)
コメント:「芸術」という言葉が何度か取り上げられ、「日常生活と芸術」「父親と娘」「都市と地方」をいった要素が練り込まれた充実した内容。「総天然色初映画」だったらしく、色彩が美しい!

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です