多摩美の匂い

FEI ART MUSEUM YOKOHAMA で開催中の
多摩美校友会神奈川支部OB/OG作品展
2015 BIRTHPLACE ART—Tama Art University in Kanagawa—
染裕も参加しています。

somehiro-2015-10-12-01

搬入日に感じたのですが、多摩美の匂いがします。
思い出しました、学生の頃を。この匂い、何だろう、
きっと油絵具か画材の匂いなんだろうけど
多摩美の教室や学食を一瞬にして思い出し
ご一緒させて頂くOB/OGの方々を見ていたら、
ああ僕も以前はこの空気の中で学んでいたんだなぁという
ホームに帰ってきた感じを味わいました。

somehiro-2015-10-12-02

多摩美に憧れて、当時の染織デザイン科に入りたくて
どうしても入りたくて、2浪して何とか入学。

憧れてた多摩美生活も当時は強烈な個性のぶつかり合いや
今思い出しても、あの頃の事って、、
僕が優れたクリエイターなら映画が数本出来るくらいの
濃い時間を過ごして、卒業後の長い間
多摩美卒を封印するようにして過ごしてきました。

特に、京都で職人見習いをしていた頃
職人の方から
サラリーマンの息子で多摩美を出たひよっコに何が出来る!
俺たちは先祖代々職人でおまえさんとは違うんだ
と、罵倒されてからは、人前で母校を極力明かさないできました。

地元の横浜に戻り、染裕での創作活動をスタートしてからも
染めだけでは独立出来ず、今もシステム開発の会社員勤めをしています。

Web制作で入社したもののデザインとは無縁の業務が多く、
承認印と注文書と売上実績が優先される会社員勤めの世界
社内社外でも美術関係者の方々とは一緒にお仕事する事もなく
今はJAVAやVBといったシステムの開発言語を使う技術者と仕事中
何で伝わらないの?脳の構造が違うんですね
コミュニケーションが出来ない日々
今では、多摩美時代考えもしなかった
スーツ着てネクタイ締めて通勤する
営業職全般を担当しています。

多摩美卒業後、長い間アウェーで戦ってきた感じです。

多摩美を出て、学んできたその専門職で活躍できれば
それが最高なんだろうけど自分の場合はそうはいかず、、、
「作品に値札を付けて商品としてお客様へ届ける」という
多摩美では全く教わらなかったことを、
会社員勤めしながら学び、染裕の活動で展開しているつもりです。

somehiro-2015-10-12-03

今回、映画『FOUJITA』で制作した筒描を多くの方に見てもらいたく
すごいタイミング、搬入前日にお願いして展示に参加させて頂きました。
やっぱり多摩美って誇れる母校だと再認識してます。

年代もバラバラで、面識ない方々だったのですが
OB/OGの皆様、いろんな繋がりがあってびっくりしてしまいました。

somehiro-2015-10-12-04

オープニングパーティーで御一緒させていただいた
今も創作を続ける魅力的な皆様
楽しいお話たくさんありがとうございました。
お酒も入って、ちょっとしゃべりすぎでした、スミマセン。

お話を伺っていたら、自分が高校生時代
通っていたヨコハマアートスクール(今はなくなってしまいました)
でよく名前を聞いた卒業生のお父様だったらしく
やっぱり狭い世界なんでしょうか、繋がりに驚いてしまいました。
近々、息子さんともお会いできると思い楽しみにしています。

2015年10月18日(日)迄開催中です
神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-33-2 横浜鶴屋町ビル1F
tel. 045-411-5031

お近くにお越しの際は、是非お立ち寄りください。
私、会場には16日(金)午前・午後通している予定です。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です