YUIは何処に行くんだろう。。

染裕の展示搬出をはやめに切り上げて
向った先は、両国国技館でした。

au PERFECT SYNC.

au PERFECT SYNC.

実はスマートフォン関連の仕事打合せ中に話題になったeチケット。
プライベートで応募したら当選!しかも出演はFLOWERFLOWER
これは無理してでも行かなきゃ。無理して行きましたョ!

とても、とても興味があってワクワクで行ったのですが
結論は「よくわかりませんでした」。
という事を、以下、長々と。

1.YUIは何処に行くんだろう。。
2.スマートフォンとライブについて

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1.YUIは何処に行くんだろう。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「CHE.R.RY」
auのコマーシャルだな。YUIを知ったのは
あまり気にならなかったのに、ある時から急に気になって
映画「タイヨウのうた」を見て、アルバム集めて
昨年、一昨年の通勤電車はほぼYUIを聞きまくっていました。
HOW CRAZY YOUR LOVE の頃でツアーの武道館初日も見に行きました。

この人、歌詞ですね。

何かを手放して そして手に入れる
そんな繰り返しかな?

つよがりは いつだって 夢に続いてる

答えを探すのは もうやめた
間違いだらけでいい 「TOKYO」

こんな強いコトバを歌うYUIの魅力にハマってしまいました。
最近、音楽に夢中になる事も少なくなって、ほとんどキセキですね。
こんなミュージシャンがストリートから発掘されて、
メジャーのレーベルで活動しているなんて。。。

嘘もつけなくなったら
いきていけなくなるよと 「to mother」

“真っ赤なブルーだ” 「SUMMER SONG」

やんなっちゃうけど
良い事があんのも人生 「Never say die」

すごい意地悪な言い方だけど、女性ミュージシャンの
キラキラする時期って10~20代の限られた時間だと思う。
30,40,50,いやそれ以上でも魅力的な方々は沢山いるけど
強い、とんがったコトバを歌える時期は限られているんです。
YUIってミュージシャン、
今ですよ、彼女の魅力がキラキラしているの。
今が過ぎたらダメってのじゃなくて、
きれいな花火がドーンと大輪を咲かせるから
瞬きしないで直視しなきゃ、って感じで。
(あれ、フォローになってないかな??まぁいいや)

PUNK ROCKが生きた時代は 今でもずっと続いてる
ちょっとくらい 壊してゆかなくちゃ 「Jam」

疑ってるんでしょ?
ニセモノだ ホンモノだ
で、あなたはどうなの? 「Love is all」

武道館で聞いた時に、
会場で皆で目をつぶる、、、時間があって
ああ、この人この感じの人だ
(もはや日本語になってないですね)
と改めて感じたのでした。

いろいろな事情なんだろうけど、
メジャーレーベルの添加物みたいな音がたくさん籠っていて
ああ、、この人、素の声とギターだけで十分なのに。

季節はずれの サーフボードに
あの夏はきっと生きてる 「I remember you」

It’s My Life きっと大丈夫
マジメにやってきたじゃない 「It’s My Life」

なんとなく違和感があったので、
活動休止するのも全然気にならなかった。
聞きはじめた頃、なんでYUIは笑わないんだろう。。
と思ったけど、聞くうちにYUI笑うな!(カメラの前では)
と思うようになりました。

ちいさな笑顔がみたいから
僕だって強くなれるのさ 「Laugh away」

期待する事に イヤんなって
孤独になったけれど
でも諦めたつもりじゃなかった 「My Generation」

あ、話しは脈略もなく、思うままに。。
本人あんまり髪型や服装気にしないんだろうけど、
今の髪は似合わないなぁ..
髪型は「to mother」、服装は「HELLO」のが好きだなぁ。。
スイッチが入ったときの瞳は、
ビックリするくらいの美しさになるんだよなぁ。。

ライブ終わりに
コーラ飲み干して
アタシも頑張るって
そう決めた 「RUIDO」

FLOWERFLOWERで活動をはじめた時
ああ、きっとバンドになって
「Never say die」や「Jam」みたいな活動するんだろうなぁ~
と思っていたのですが、、、
今日の演奏を聞いて、正直
「よくわかりませんでした」

YUIは何処に行くんだろう。。

au PERFECT SYNC.

1Fのほぼ最前列、音割れひどく、歌詞は聞き取れないし
過剰な演出が気になって、はじめて聞く曲を聞き取れませんでした。

まぁ、自分も含めてYUIが好きな人はきっと
根強く聞いて行きますョ。
フリッパーズからソロになった小沢健二みたいに
(YUIの場合はソロからバンドで逆だけど)
期待を裏切られるのはファンとして嫌いじゃないしね。

いつか、メジャーレーベルから離れて
小さいライブハウスの弾き語りでYUIに会えるのを
楽しみにしてFLOWERFLOWERを応援します!
なんじゃそりゃ。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2.スマートフォンとライブについて
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

もうひとつ、楽しみにしていたのが
スマートフォンとライブのイベント。

まず、今回のチケットはeチケットというダウンロードするチケットでした。
申込には少々面倒な登録手続きが必要ですが、使ってみれば便利なのかな?
今後はeチケットに移行していくんだろうなぁ。。

そしてスマホと音がシンクロしていく特別セッション
ODOROKIというアプリをダウンロードして、登録するんだけど。。。
会場で動いてたの、、たぶん半分以下だなぁ。。。
2000人くらいが一斉にWi-Fi接続するんだから、まぁ今のシステムじゃ。。。
難しいんだろうなぁ..

世界初!かつてない体験、「驚きを、常識に。」がキャッチコピーだけど、、
「驚かせてよ、つながらない~」ってな感じで。。
自分もライブ途中から繋がり、ヒカリが点滅しました。
これはペンライトの発展系みたいで、繋がれば楽しいなぁ。

今回のイベント、
シークレットライブを見た!としたら得したけど
CM撮影に付き合わされた、としたらガッカリで、、、

いやいや、しかし
当選してFLOWERFLOWERが見れたんだから
感謝しなきゃいけないですね、ありがとうございました。

仕事関連でスマートフォントとライブイベントをテーマに
打合せとプレゼンをしているのですが、
現状のシステム。。難しさを改めて感じました。

興味の有る方は、↓ 消されちゃう前にどうぞ!
会場で見たより、聞きやすいですョ。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です