サマーソング特集!

毎日いろんな事がめまぐるしく過ぎて行って
多分、いろんな事を忘れてしまうんだろうなぁ。
スケッチブックには次から次へと、
新しい構想のアウトラインが
描かれては、書き直しての繰返。

先日、撮影した2016年の新作
「想い出の夏へ出かけよう」
いろいろなイメージソースから生まれました。

忘れないうちに、、今回は音楽特集で
「somehiro radio show サマーソング特集!」
と題してお送りします。
僕はこんな曲から影響を受けて制作のイメージを膨らましました。

まず1曲目ははこちら!

スピッツ「青い車」
〜潮の匂いが染込んだ真夏の風を吸い込めば
心の落書きも踊りだすかもね〜

今回の制作のメインテーマソングです
スピッツって実はリアルタイムでそんなに追っかけてなかったんですが、、
(当時はブルーハーツ派でした。)
この曲はなんか好きだった。


2曲目はこちら

「水中メガネ」
作詞:松本隆 作曲:草野正宗
〜水中メガネで記憶へ潜ろう〜

松本隆さんにしてはエッジの効きまくった歌詞!
謎めいた曲調と不思議感タプリのChappie。記憶に焼き付いてます。


3曲目

The Flipper’s Guitar 「wild wild summer」

オザケンに夢中になってから溯って聞いたフリッパーズギター!
ポップなパンチが効いてます。


4曲目

ゆず「夏色」

なんかもう、夏の大定番ソングですね。ガリガリ君食べたくなる、みたいに夏になったら聞きたくなります。
ちょとくどいけど、ライブ版。


5曲目

SKE48「不器用太陽」

歌ってる人たち。。大嫌いなんですけど、、、(笑)
ラジオから流れて来たこの曲、不器用と太陽をくっつけた感性
すごい組み合わせだなぁ。言葉のセンスが。世界観が。

次のからの曲は、ちょっと「夏」イメージ薄いですが
創作中やテーマのベースになってる曲です。


6曲目

どんと(BO GUMBOS)「トンネルぬけて」

どうしても聞きたくなってしまいます。ときどきだけど。
この人、すっごく突抜すぎてたんですよね、きっと。


7曲目

大貫妙子「懐かしい未来」

これは染裕2016制作テーマ
「新しい過去」を見つけたら「懐かしい未来」の扉が開く
の元ネタになった曲です。FMラジオ番組のエンディングソングだった曲。


8曲目

原田知世「シンシア」

元のアレンジも良いです。PVも良いですが、ボサノババージョンで。
この方の楽曲からは多大な影響うけています。
実はこの曲から生まれたシャツもありました。
夏の季節だと「Double Rainbow」紹介したかったのですが、見つからずで。


そして9曲目

yui「summer song」
~ 真っ赤なブルーだ! ~

ホントは本当は、この曲から始まったんです。いろんな構想が。
(フルバージョンで見れないのが残念ですが)
染裕キャッチコピーもはじめは「夏が来るから海に行こうよ」
だったのですが、あまりにもそのまんまで、ダメじゃん、みたいな指摘受けて
急遽変えました。でもホントはこれなんです。うん、yuiってすごい。
クリエイターとして尊敬します。これからも期待してます。FLOWER FLOWER

これ、ほとんど自分用の投稿です(笑)
順番に聞きながらスケッチブックに落書きしたい。
又は、身内メンバーでお酒飲みながら創作秘話話したい。
そんな曲たちです。

今年の夏の白浜での展示
イメージしていたらどうしても聞きたくなっちゃいました。

「JR東日本 房総ビューエクスプレス 」CM
~ 潮風が呼んでいる… ~

ああ、すごいなぁ。想い出の夏だ、
僕にとっても愛おしい想い出のCM。キョンキョンとオザケン!
なんかホントに楽しみになってきたなぁ。今年の夏の白浜美術館での展示。


あらためて、みんな邦楽ですね。
僕にとっては「言葉」の組み合わせも重要で
なかなか洋楽が入ってくれませんでした。


それでは、エンディングはこちらで

小沢健二「甘夏組曲」
〜いつか手に入れたいな 魔法の力
君が僕にちょっと振り向いてくれるようにね〜

もう幻の曲ですね、これ。ちょっと音質が残念ですが
オザケンファンとしては今からでもリリースして頂きたい。
さっきのCMソングとこの曲。
現在ツアー中で新曲のリリースも楽しみですね。
何かの謎掛けで、「魔法的」。アンサーソングのようだなぁ。


さてさて、いよいよこれから夏本番ですね〜
新作で染めたシャツやブラウス、どなたかに気に入って頂き
今年の夏の日、ご一緒の時を過ごせたら、
それが素敵な想い出の日になれたらいいなぁ、
なんて思いながら日々染めをしています。

そんな染めが生まれるイメージソースになった曲たちでした!
うん、これ聞きながら、また新しい表現を模索します。
まだ、関東では梅雨も明けていませんが
今年の夏は素敵な日々をお過ごし下さい。
染裕でした。(ラジオのエンディング風に)

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です