藍染筒描新作「Japan indigo beautiful island」

藍染の筒描、新作が染上がりました。

糊を落としたばかりの、まだ濡れた状態ですが
5月の西日を浴びて輝くように、鮮やかに染まりました。
題して「Japan  indigo beautiful island」〜藍色が美しい島国 日本〜

somehiro-20160515-01

いつも感じることなのですが、
完成するとまるで何年も前から存在していた様な
懐かしい感触を味わいます。

真っ白のスケッチブックから
ああだ、こうだ、、を繰返し
あれだけ悪戦苦闘したのが嘘のようで

somehiro-20160515-07
2016年 染裕は
「新しい過去」を見つけたら
「懐かしい未来」の扉がひらく
というテーマで制作しています。

この筒描、今までに制作したことの無い様な
全く新しい筒描ですが、なんとなく懐かしい

スカジャンテイストからインスパイアされてますが
思い出せば、この虎の図案は前にも染めてますね
やっぱり、なんとなく懐かしい新作です。

創作の裏話を
思い出が薄くならないうちに書き留めておきます。

somehiro-20160515-03

思い返せば、、今年の春
ちょうど桜が咲いていた頃
心の中にポッカリと穴があいてしまいました。

多くの別れとあっと言う間に消えてしまった大事なモノ
それに会社員仕事が多忙すぎて染めが出来ない日々が続き
方向性を見失っていました。

たまたま、アートスクール時代の友人
イラストレーターのハッシーとハマスタに行った時の事。
ビールとワインを飲み干して日本酒を飲みながら
アルコール臭いつぶやきで、グチに近い想いを聞いてもらっていたら
そんなの「break out」しちゃえばいいじゃん、
みたいなアドバイスをもらって、。

レフトスタンドに吸い込まれるホームランの弾道を眺め
ああ、そっか。と。
何か今までと違う意識がインストールされた様で。。

その翌日から、染裕にしか染める事が出来ない
新しいスタイルにチャレンジしたくなって、
スケッチブックにラフイメージを描き出しました。

これもいつもの事ですが、、
下書きのまま放り出すか、下書きもないまま描き出すか。

somehiro-20160515-05

今回は、こんなラフなイメージだけで
ほぼ一発勝負で筒描をはじめました。

あんまり下書きで完成しちゃうと、なぞっちゃうだけで
線の勢いが無くなるからこれで良し!としてますが
ほとんど時間がなくて、ああはじめちゃえ、
きっとうまくいく!の描き出したい思いで
見切り発車制作の開始。

ホントは連休中に染上がる予定が、
イメージ固まっていない部分になると線がつくれず
下書きの線を重ねていたら遅れに遅れて
ようやく染上がりました。

こちらは染める直前の、最後の糊乾かし状態。
「龍」と「虎」、このタイガー&ドラゴン
イメージ通りよく染まったなぁと、驚きです。
somehiro-20160515-04
普通は染上がり後に、修正加えるんだけど
龍も虎も眼のライン、藍でうまく染まりました。

宿ったかな?
いろんな想いが集約して。。。
藍染筒描「Japan – indigo beautiful island – 」

日本って、八百万の神々の鎮座する
藍染が良く似合う美しい島国で、
今でも同じ、時代が変わっても脈々と続く「美意識」みたいなモノ
ソレを再認識したくて。

今の時代の外からの目線、海外から見た日本でソレを意識して
昔スカジャンに施された刺繍の文様、米軍がヨコスカ帰りの
お土産から生まれた日本らしい独自のもをモチーフのベースにしました。

この筒描をフラッグシップに
型を彫り、Tシャツモデルも制作しようと思います。

LINEで送る
Pocket