good bike days サヨナラ1999年のXL1200S

1999 XL1200S

京都で藍染の仕事に就いた頃
購入した1999年式のXL1200S
このバイクを手放す事はない
と思っていたのですが、、、
あっけなく、その時はやってきました。

今、少し時間が経ってから
投稿日にちだけ修正して書き込んでます。

今でも、何で手放す事になったのか
不思議でならないのですが
どうしようもなく、こういう時ってあるんですね。

写真は、自分が見た最後の姿です。

2月上旬、帰り道で何か異音を感じつつ
次のエンジン起動時に
馬の雄叫びのようなセルの音で
何かヤバい。エンジンを切ろうとイグニッションを回すも
エンジンが切れず、エンストさせストップ。
以降、メインスイッチの電源も入らなくなってしまいました。

自分で直そうと、バッテリー、セル、ハンドル回りをチェックするも
直すどころか、スタートボックスの組み立てもできないありさま。

今迄はほとんど自分でメンテしてきたのですが
今回は直せそうもなく、車検も間近。
最近は仕事と染めで乗る機会もなくなり、、
このまま冬眠させる事も考えたのですが、、
思い切って手放す事にしました。

次の乗り手も見つかり
修理代も幸い予想以上にはならず、、、

セルの問題で数万円の修理でした。
(それならば自分で直して乗っていたかった。。)

まぁ、これから染めをしていたら
バイクいじってる時間もないし。。
手放す事になりました。

しかし、
ホントにいいバイクでした。
XL1200S
もうバイクに乗る事もないだろうなぁ。。

最近はそんなに乗っていなかったけど
精神的な支えみたいな存在で、手放してしまうなんて。。
ココロに穴がポッカリと空いてしまいました。

まぁ、そんな事で落ち込んでもいられず
これからは
染めに専念します!

good by good bike days

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です