染裕 藍染筒描制作状況 2014/08/16


今日は一日
フルに頑張ってここ迄。
ちょうど半分
糊置き完了。
ふ~
糊置きのテストで
こんな柄のシャツも筒描してみました。
LINEで送る
Pocket

染裕 藍染筒描制作状況 2014/08/14

本日の作業状況。
見た目は昨日と変わりなしですが
染め上がりのイメージを詰めながら
細部のレイアウト、全体を見ながら調整してます。

筒描の糊。
原料はモチ粉です。
(色づけに炭が入っています)
おとといから
蒸しと練りを繰り返し
ようやく使える状態になりました。
さて、明日はいよいよ
筒描スタートです。
LINEで送る
Pocket

第14回金沢文庫芸術祭 ~ありがとうございました~

金沢文庫芸術祭 1dayイベント

曇ったり雨が降ったり晴れたりの天気でしたが
終わってみればサイコーな一日でした。

様々な方々とお会いできて
とてもうれしかったです。
皆さん、どうもありがとうございました!

第14回金沢文庫芸術祭 染裕

第14回金沢文庫芸術祭 染裕

染裕ブースからの眺めです。
今回はメインステージが近かったので様子がみれました

第14回金沢文庫芸術祭

最後のパレート
今年も盛り上がりました!
搬出の片付けしながら
ステージのライブも楽しませて頂きました

みなさん、ホントに
ありがとうございました!

LINEで送る
Pocket

お知らせ

昨年末から、いろいろと変化もあって
染めからWeb仕事の方が多くなり
特に3/11以降、染めをする事はもちろん
この先のビジョンが曖昧なままです。

今も曖昧なままで、
こんな時に染めをするって事は
どういう事なのかわからないままなのですが
染めの事は頭から離れず
泳がないと沈んでいきそうで
染裕の活動を続けたくて
ブログも再開したいと思います。

いろいろと、、
書きたかった事もあるので
少しずつですが復帰していきますので
これからもよろしくお願いします。

染裕/杉戸裕隆

LINEで送る
Pocket

~クリスマスの4日ぐらい前~

 「夜と霧」 Nuit et brouillard
(1995年 フランス作品)
監督:アラン・レネ

ず~っと前に見たくて、
予約していたDVDがやっと手元に届いて今日拝見しました。

「夜と霧」はヴィクトール・E・フランクル著の
原作も
あって、こちらは数年前に読む事が出来ました。

ず~と、この作品の事がひっかかってて、、
何で「カティンの森」とか「夜と霧」が
こんなに気になるのか、わからないけど。。。

確か、初めて「夜と霧」の名前を聞いたのは
村上龍の小説の中(たぶんメランコリアかエクスタシーかタナトスのどれか)
それから、何人かの書評で「夜と霧」の紹介を見つけて、気になって気になって。
本を読んだら、、ちょっと衝撃で。。
DVDも、直視できるか不安だったけど
最初は字幕なしで。2回目は日本語字幕入りで見入ってしまいました。

「夜と霧」より

「夜と霧」より

「夜と霧」より

 冷たい水が虚構の溝を満たす
 悪夢のように濁って
 戦争は終わっていない
 今、点呼場に集まるのは雑草だけ
 見捨てられた町

 火葬場は虚構にナチは過去になる
 だか900万の霊がさまよう
 我々の中の誰が戦争を警戒し知らせるのか
 次の戦争を防げるのか

 今もカポが将校が密告者が
 隣にいる

 信じる人信じない人
 廃墟の下に死んだ怪物を見つめる我々は
 遠ざかる映像の前で
 希望が回復したふりをする
 ある国のある時期の話しと
 言い聞かせ

 絶え間ない悲鳴に
 耳を貸さぬ我々がいる

 映画『夜と霧』より

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

タイトルの
~クリスマスの4日位まえ~
って、今頃のことだけど
ブランキージェットシティーの「ライラック」って曲の中に
そんな歌詞があって、この季節になると
ブランキージェットシティーが
無性に聞きたくなる。。。。

同じブランキーの曲

LINEで送る
Pocket