「手ぬぐい」の新作染まる

ちょっとした偶然がきっかけで
来月から開催される「手ぬぐい展」に参加予定です。
せっかくなので、今迄に染めた手ぬぐいをブラッシュアップした
新作を染めてみました。

somehiro-20160626-01
左から、クローバー(四葉探し)、コンペイトウ、ビー玉、キンギョ。
それぞれ藍の薄色と濃色を染めてみました。
前回よりもキレイに染上がりました。

筒描と型染(ステンシル)の応用染めです。
藍で染めるまえは、こんな感じで色づけしてました。
こうみると、、藍で染めない方が爽やかだったかなぁ。。
somehiro-20160626-05

久しぶりに手ぬぐいを染めながら、いろいろと思う事有り。。

なんとなく、予定通り染まったんですが、、
予定通りだとつまらなくて、、
ああだ、こうだ、、を考えながら。。

somehiro-20160626-04

スケッチブックに描いていた女性のイラスト。

最近のいろいろを理想の女性に集約させて、
モディリアーニのタッチをイメージして描いては消し、描き足してを
数日繰り返していたのですが、
これ以上、手が動かなくなっていました。
そんな彼女を眺めていたら。。

僕の頭の中の
「岡本太郎的意識」や「モディリアーニ的意識」やこの女性
アドリアナというか、キキというか、ジャンヌというか、が

岡:「染裕さぁ、そんな予定調和ばかりで満足していいの?」
モ:「君の憧れはそんなんじゃないだろう??」
ア:「私を描きたいんならさ、描いては消してを繰り返してないでさぁ、
手ぬぐいに筒描で、下書き無しで挑んでよ。」
岡:「うまく描こうなんて考えるな、今をぶつけなきゃ」

そんな声が頭をグルグル駆け回ってしまい、わかったよ。
下書き無しで一発勝負しましょう!

somehiro-20160626-02

その場の勢いで制作したのがこの3枚の彼女達です。
スケッチブックの彼女と、少しづつちがうのですが、
数ミリのラインの違いが全く別人に変わるんですね。

somehiro-20160626-06

なんとも愛おしい手ぬぐいの彼女たち。

思いつきで額に入れてみました。
さてさて、この手ぬぐいの彼女たち、展示出来るのかわかりませんが
来月からの「手ぬぐい展」準備しています。

詳細決まりましたら、改めてお知らせ致します。

LINEで送る
Pocket

藍染筒描新作「Japan indigo beautiful island」

藍染の筒描、新作が染上がりました。

糊を落としたばかりの、まだ濡れた状態ですが
5月の西日を浴びて輝くように、鮮やかに染まりました。
題して「Japan  indigo beautiful island」〜藍色が美しい島国 日本〜

somehiro-20160515-01

いつも感じることなのですが、
完成するとまるで何年も前から存在していた様な
懐かしい感触を味わいます。

真っ白のスケッチブックから
ああだ、こうだ、、を繰返し
あれだけ悪戦苦闘したのが嘘のようで

somehiro-20160515-07
2016年 染裕は
「新しい過去」を見つけたら
「懐かしい未来」の扉がひらく
というテーマで制作しています。

この筒描、今までに制作したことの無い様な
全く新しい筒描ですが、なんとなく懐かしい

スカジャンテイストからインスパイアされてますが
思い出せば、この虎の図案は前にも染めてますね
やっぱり、なんとなく懐かしい新作です。

創作の裏話を
思い出が薄くならないうちに書き留めておきます。

somehiro-20160515-03

思い返せば、、今年の春
ちょうど桜が咲いていた頃
心の中にポッカリと穴があいてしまいました。

多くの別れとあっと言う間に消えてしまった大事なモノ
それに会社員仕事が多忙すぎて染めが出来ない日々が続き
方向性を見失っていました。

たまたま、アートスクール時代の友人
イラストレーターのハッシーとハマスタに行った時の事。
ビールとワインを飲み干して日本酒を飲みながら
アルコール臭いつぶやきで、グチに近い想いを聞いてもらっていたら
そんなの「break out」しちゃえばいいじゃん、
みたいなアドバイスをもらって、。

レフトスタンドに吸い込まれるホームランの弾道を眺め
ああ、そっか。と。
何か今までと違う意識がインストールされた様で。。

その翌日から、染裕にしか染める事が出来ない
新しいスタイルにチャレンジしたくなって、
スケッチブックにラフイメージを描き出しました。

これもいつもの事ですが、、
下書きのまま放り出すか、下書きもないまま描き出すか。

somehiro-20160515-05

今回は、こんなラフなイメージだけで
ほぼ一発勝負で筒描をはじめました。

あんまり下書きで完成しちゃうと、なぞっちゃうだけで
線の勢いが無くなるからこれで良し!としてますが
ほとんど時間がなくて、ああはじめちゃえ、
きっとうまくいく!の描き出したい思いで
見切り発車制作の開始。

ホントは連休中に染上がる予定が、
イメージ固まっていない部分になると線がつくれず
下書きの線を重ねていたら遅れに遅れて
ようやく染上がりました。

こちらは染める直前の、最後の糊乾かし状態。
「龍」と「虎」、このタイガー&ドラゴン
イメージ通りよく染まったなぁと、驚きです。
somehiro-20160515-04
普通は染上がり後に、修正加えるんだけど
龍も虎も眼のライン、藍でうまく染まりました。

宿ったかな?
いろんな想いが集約して。。。
藍染筒描「Japan – indigo beautiful island – 」

日本って、八百万の神々の鎮座する
藍染が良く似合う美しい島国で、
今でも同じ、時代が変わっても脈々と続く「美意識」みたいなモノ
ソレを再認識したくて。

今の時代の外からの目線、海外から見た日本でソレを意識して
昔スカジャンに施された刺繍の文様、米軍がヨコスカ帰りの
お土産から生まれた日本らしい独自のもをモチーフのベースにしました。

この筒描をフラッグシップに
型を彫り、Tシャツモデルも制作しようと思います。

LINEで送る
Pocket

桜咲く季節に#02

somehiro-2016-04-10-01

今年の桜は、長く咲いている様で
気持ちよい気候なので外で撮影してみました。

somehiro-2016-04-10-02

「ひばり」が近くで鳴いていました。
まだ若いのかな?鳴き方がぎこちなかった。
昔はよく聴いたけど、最近ではめずらしいなぁ。

上空高くで羽ばたく姿はよく見かけたけれど
こんな近くで見るのは初めて。

somehiro-2016-04-10-04 somehiro-2016-04-10-03
姉が遊びにきていたので最近の染め着てもらって撮影してみました。
やっぱりハンガーに吊るすだけより、伝わってくるイメージ違いますね。
サンクス!です。
somehiro-2016-04-10-05
こちら、新作!
昨日染めたばかりのレースカーディガン
ちょ〜っとイメージ違う染上がりだけど、この感じはグッド!
(綿麻素材のはずが、、アクリル混かな?)

いろいろとイメージ膨らませて新作染めてます。

LINEで送る
Pocket

「あなたの美しさ、優しさ、ユリの花のよう」

20151004-01
いつもの様に染める準備と藍染の仕込みをしていたら
ユリの花の甘い香りが。。
思わずユリの花に見とれてしまって、、

さぁ、今日はたくさん染めなきゃ
染める準備をしていても、気持ちはユリの花に。。

なんて瑞々しい香りなんだろう。
藍の液も甘い香りがする時があるけど
今日のユリの香りは格別だなぁ。

思わずスケッチブックにラフスケッチしながら
あぁ、イメージOK! もう柄作っちゃおう。
下書き適当に、衝動的に絞りで柄をつくりました。

題して「あなたの美しさ優しさユリの花のよう」
レディースシャツで3タイプ
20151004-02

染めたて、洗い上がりでまだ濡れてます。
ユリの香りと美しいフォルムを
藍色で表現してみました。

バックスタイルもユリの花をイメージしてます。

20151004-03

コレ、今年のテーマ「美しさ藍色の魔法で今輝け!」
秋の追加バージョンだな。

ユリの花と染まったシャツを交互に眺めてたら、、
圧倒的な存在感、本物のユリには敵わないや。
もう少しイメージを寝かせて、再チャレンジしてみようかなぁ。

この「あなたの美しさ優しさユリの花のよう」
今月末予定の展示会で販売予定!
(詳細後日アップします)

LINEで送る
Pocket

藍染絞染トレーナー「渚くん」Lサイズ完成!

somehiro-2015-09-17-015月の展示会場で販売していた藍染絞染トレーナーの
Lサイズオーダーがようやく完成しました。
問い合わせのお客様、大変お待たせ致しました。

somehiro-2015-09-17-02この柄の初回品を染めたのは、随分前の事なのですが
スケッチブックめくってたら、当時のイメージスケッチがでてきました。

ちょうど今頃の季節、夏が終わって肌寒くなった頃
砂浜を歩く男子をイメージしながら
「想いでの渚」とか「せぷてんばぁ」とかの曲でイメージを膨らませて
スケッチを重ねてこの柄「渚くん!に決定
今見ると、、スケッチと仕上がりとちょっとニュアンス違いますが
これからの季節に大活躍しそうな、オススメ品です。

大変お待たせしました、
問い合わせ頂いたお客様に
喜んで頂ければ幸いです。

LINEで送る
Pocket