ネクタイ締めて陶芸する人「川喜田半泥子」に憧れる

日経新聞2016年6月26日美の美より
ネクタイ姿で作陶する川喜田半泥子 2016年6月26日 日経新聞 美の美 より

先月の日経新聞、美と美に特集された
川喜田半泥子(かわきたはんでいし)
何年も前に、この写真を見て、染裕は憧れていました。
自分もネクタイ締めて藍染する人になりたいなぁ。と

紺屋(藍染屋)のことわざにも、
「紺屋の白袴」というのがあって、いろいろと言われてますが
・忙しくて自分の着る物を染める余裕がない
・白い袴を汚さない程の達人
染裕解釈だと後の方がよりわかる感じがします。

白袴をネクタイに変えて例えると、気持ちが違うんですよね
さすがにこの時期はクールビズでネクタイは外しますが。

紙面のコトバ、少しご紹介します。

頭取の土遊び
ただ無心に土をいじり、ろくろを廻した。割れても欠けてもいいじゃないか。奔放に土と遊んだ銀行頭取、いやはや「でかしたもの」をつくったぞ。

泥むと書いて、なずむと読む。いろいろな意味があるが、ここでは没頭するの意。半ば泥みて半ば泥まず。没頭し、どろんこになりながら、なお冷静に自己を見つめなさい。 人生の後半、勤めのある日は朝晩、勤めがなければ日がな一日、半泥子は泥いじりに泥んだ。泥んで泥んで、泥む自分からも離れて、、、

ろくろを教わるのが46歳、陶芸に本格的に取り組むのはその10年後の事。遅咲きのアマチュア恐るべし。形式ばった事を嫌い、土の自然にまかせあるがまま。

「無茶苦茶につくる茶碗の無茶法師
それで飲む人茶茶無茶苦茶」

半泥子は茶の湯をたしなみ、茶室も造ったが、茶人転じて無茶人となった。形式ばった茶を嫌う無茶人は、好きなテニスを終えたあとそのままの格好で茶をたてた。

魯山人と9時間半、お互いにあごがだるくなるまで、しゃべり通した。天狗と無茶法師は以下の点で一致する。作品のよしあしは技術より人格の現れだ。昔のイイ焼き物は土も釉薬も自然の産物だから自然の味が出る。焼き物は日本が世界一。玉、古銭に興味無なし。茶道はイイものだが、誤り伝える「茶人型」はイヤ–などなど。

僕も思います。作品は陶芸でも染織でも絵画でも、人格の現れだと。
そして小津監督のこんな言葉を思い出しました。
「人間はすこしくらい品行は悪くてもよいが、品性は良くなければいけないよ。」

頭領の土遊び 川喜田半泥子
日経新聞2016年6月26日
美の美 より

叶わない願いですが、魯山人と川喜田半泥子と染裕で飲食いしながら「藍染について」談義してみたい。
きっと鼻でわらって会話してもらえないか、
ついてこれるか?って潰れるまで飲まされるかな。

座右の銘とした「泥多仏大」
泥多ければ仏大なり。大仏様は土で型をつくり、そのまわりにも土の壁を築き、隙間にとけた銅を流し込んで成形する。泥が多いほど仏様が大きくなる、人間もまた同じじゃないか。

最後に、翌週の日経『美の美」に紹介されていた一文で締めます

「真の芸術と真の事業とは、その美、その創作、その努力において相一致し、その尊厳さと強さにおいて相譲らざるものである

LINEで送る
Pocket

サマーソング特集!

毎日いろんな事がめまぐるしく過ぎて行って
多分、いろんな事を忘れてしまうんだろうなぁ。
スケッチブックには次から次へと、
新しい構想のアウトラインが
描かれては、書き直しての繰返。

先日、撮影した2016年の新作
「想い出の夏へ出かけよう」
いろいろなイメージソースから生まれました。

忘れないうちに、、今回は音楽特集で
「somehiro radio show サマーソング特集!」
と題してお送りします。
僕はこんな曲から影響を受けて制作のイメージを膨らましました。

まず1曲目ははこちら!

スピッツ「青い車」
〜潮の匂いが染込んだ真夏の風を吸い込めば
心の落書きも踊りだすかもね〜

今回の制作のメインテーマソングです
スピッツって実はリアルタイムでそんなに追っかけてなかったんですが、、
(当時はブルーハーツ派でした。)
この曲はなんか好きだった。


2曲目はこちら

「水中メガネ」
作詞:松本隆 作曲:草野正宗
〜水中メガネで記憶へ潜ろう〜

松本隆さんにしてはエッジの効きまくった歌詞!
謎めいた曲調と不思議感タプリのChappie。記憶に焼き付いてます。


3曲目

The Flipper’s Guitar 「wild wild summer」

オザケンに夢中になってから溯って聞いたフリッパーズギター!
ポップなパンチが効いてます。


4曲目

ゆず「夏色」

なんかもう、夏の大定番ソングですね。ガリガリ君食べたくなる、みたいに夏になったら聞きたくなります。
ちょとくどいけど、ライブ版。


5曲目

SKE48「不器用太陽」

歌ってる人たち。。大嫌いなんですけど、、、(笑)
ラジオから流れて来たこの曲、不器用と太陽をくっつけた感性
すごい組み合わせだなぁ。言葉のセンスが。世界観が。

次のからの曲は、ちょっと「夏」イメージ薄いですが
創作中やテーマのベースになってる曲です。


6曲目

どんと(BO GUMBOS)「トンネルぬけて」

どうしても聞きたくなってしまいます。ときどきだけど。
この人、すっごく突抜すぎてたんですよね、きっと。


7曲目

大貫妙子「懐かしい未来」

これは染裕2016制作テーマ
「新しい過去」を見つけたら「懐かしい未来」の扉が開く
の元ネタになった曲です。FMラジオ番組のエンディングソングだった曲。


8曲目

原田知世「シンシア」

元のアレンジも良いです。PVも良いですが、ボサノババージョンで。
この方の楽曲からは多大な影響うけています。
実はこの曲から生まれたシャツもありました。
夏の季節だと「Double Rainbow」紹介したかったのですが、見つからずで。


そして9曲目

yui「summer song」
~ 真っ赤なブルーだ! ~

ホントは本当は、この曲から始まったんです。いろんな構想が。
(フルバージョンで見れないのが残念ですが)
染裕キャッチコピーもはじめは「夏が来るから海に行こうよ」
だったのですが、あまりにもそのまんまで、ダメじゃん、みたいな指摘受けて
急遽変えました。でもホントはこれなんです。うん、yuiってすごい。
クリエイターとして尊敬します。これからも期待してます。FLOWER FLOWER

これ、ほとんど自分用の投稿です(笑)
順番に聞きながらスケッチブックに落書きしたい。
又は、身内メンバーでお酒飲みながら創作秘話話したい。
そんな曲たちです。

今年の夏の白浜での展示
イメージしていたらどうしても聞きたくなっちゃいました。

「JR東日本 房総ビューエクスプレス 」CM
~ 潮風が呼んでいる… ~

ああ、すごいなぁ。想い出の夏だ、
僕にとっても愛おしい想い出のCM。キョンキョンとオザケン!
なんかホントに楽しみになってきたなぁ。今年の夏の白浜美術館での展示。


あらためて、みんな邦楽ですね。
僕にとっては「言葉」の組み合わせも重要で
なかなか洋楽が入ってくれませんでした。


それでは、エンディングはこちらで

小沢健二「甘夏組曲」
〜いつか手に入れたいな 魔法の力
君が僕にちょっと振り向いてくれるようにね〜

もう幻の曲ですね、これ。ちょっと音質が残念ですが
オザケンファンとしては今からでもリリースして頂きたい。
さっきのCMソングとこの曲。
現在ツアー中で新曲のリリースも楽しみですね。
何かの謎掛けで、「魔法的」。アンサーソングのようだなぁ。


さてさて、いよいよこれから夏本番ですね〜
新作で染めたシャツやブラウス、どなたかに気に入って頂き
今年の夏の日、ご一緒の時を過ごせたら、
それが素敵な想い出の日になれたらいいなぁ、
なんて思いながら日々染めをしています。

そんな染めが生まれるイメージソースになった曲たちでした!
うん、これ聞きながら、また新しい表現を模索します。
まだ、関東では梅雨も明けていませんが
今年の夏は素敵な日々をお過ごし下さい。
染裕でした。(ラジオのエンディング風に)

LINEで送る
Pocket

2つの村上隆展

村上隆展 2015年
「村上隆の五百羅漢図展」森美術館
2015年10月31日(土)〜2016年3月6日(日)

「村上隆のスーパーフラット・コレクション」横浜美術館
2016年1月30日(土)〜4月3日(日)

2つの村上隆展が開催され
充実した展示で大変に感銘を受けてしまいました。

できればもう一度、森美術館に行きたかったのですが
今日迄となり、言葉にならなかった感想を少しまとめてみます。

横浜美術館のスーパーフラットを横軸、
森美術館の五百羅漢図を縦軸にした座標に
今迄見て来たモノ、コレから目指したいモノを配置していくと
僕の美意識の座標が変わってしまいました。

結論からいくと、
- 現在のレンズで西洋文化の呪縛から解き放て日本の美意識 -
外に対する憧れよりも内から湧き出たモノで勝負
って事でしょうか。

somehiro-20160306-06

まずは森美術館の「村上隆の五百羅漢図典」より
着目点、たくさんあるのですが
まず目に入って来たのが、この背景のドット

somehiro-20160306-05

部分を切り取ると、何か毒々しさもあるけど細部にまで美は宿っています。
あぁ、イラストレーターのブレンドツールを使いまくったのかな、なんて
技術的な事も思いながら、偶然を利用しながら複雑な謎解きがたくさん
ちりばめている様で。

somehiro-20160306-04

細分にまで隙がないというか、神経が張りつめられているというか

somehiro-20160306-13

すっごくストレートに入ってくる感じ。

例えば、
今迄「美」の基準をルーブル美術館を代表にした西洋のモノとすると
歴史と文化と宗教、価値観の違いから解釈の変換みたいな事が必要になる。
これが狩野派や琳派、浮世絵なんかだと同じ日本の作品なので随分とスムーズなんだけど時代差と一度遮断されてしまった価値観なので、こちらも意識の変換が必要になる。

美は細部に宿っている。

そんな事をふまえて、この展示会を眺めると
スムーズなんですね、伝わってくるモノが。

今から100年後の人や100年前の人がこの展示を見たら
やっぱり時代差のズレを解釈するはず。
今の時代の海外の方々が見ても(会場には海外の方が多かったですね)
多分、少々違う解釈を交えるんじゃないかな。

somehiro-20160306-11

村上隆さん
同じ時代に同じ国で生きている事が
とても嬉しく誇らしく思います。

いつか振り返る時がきたら、今回の2つの村上隆展
間違いなく日本の美術史に残るんじゃないかな。

僕らが生きた時代の証人に参加できた気がします。

somehiro-20160306-09

実は、もう10年近く前
明治神宮の参道で村上さんと
すれ違った事が有ります。

何か、遠くからでもオーラを感じて
すごい人ごみの中でも気がつきました。

somehiro-20160306-08

炎やドクロのフォルム、色合いから
僕らが見て来たアニメのシーンや絵画からのインスパイア、
解釈の変換、今の時代へのギアチェンジをブラッシュアップを
大きな画面に封印している。

あっ、忘れかけていたけど
会場の匂いも独特でした。
空気が乾燥した2月の、空調が静かにうごく高い天井の展示室は
インクや画材の匂いなのかな。独特な空間でした。

視覚以外の五感からも
作品からのエネルギーを感じ取っている様でした。

somehiro-20160306-12

鮮やかな作品が多い中、出口付近に掲げられた
こちらの作品がとても印象に残りました。

somehiro-20160306-15

「知りたくない事であったのだが、、、実は、、、死んでも、
魂は生き続けるらしい。そんなに、、、何万年も、何十
億年も魂が劣化しないとはいえないであろうに。」

somehiro-20160306-16

どんな意図でこの作品を制作されたのか、わかりませんが
今の僕には、この作品がジャストフィット。

肉体の枠を飛び越えて
魂、意識、美学、みたいなのって
時を超える力を持つ。

過去と未来に繋がる”今”が
ビビットに、まぶしい程に訴えかけてくる。

somehiro-20160306-17

今回の展示、いろいろな意見を言う人がいますが
僕にとっては間違いなく新しい基準になりました。
最後に氏のメッセージが。

somehiro-20160306-18

染裕は何を作れるか
問われているようで

今迄と違う方向性を模索していて
まだ答えが見つからないけど
圧倒的な何かを感じ取りました。

somehiro-20160306-03

今回の展示、写真撮影OKとの事で
最初は違和感があったのですが、会場からシャッター音を聴くたび
気がついたら自分も撮影していました。

何か新しい感じですね
ブログへの掲載もオッケーだと解釈していますが
関係の方々、写真の掲載に問題があればご連絡ください。

興味持たれた方はこちらの動画もどうぞ。
よく日曜美術館での特集の方が印象が良い事あるけど
この森美術館の展示は、実際に見て充実感を味わえるものでした。

そして、もうひとつ
横浜美術館のスーパーフラッット・コレクション
ちょっと残念な感じ、、でした。

somehiro-20160306-21
(写真は息子に同じポーズお願いしました。)

会場、ループできないんだよなぁ。、とか、いろいろ
会場の空気って不思議ですね。

ただ、
森美術館での五百羅漢図展とスーパーフラット・コレクションをミックスさせると
2016年現在のアートの基準軸がはっきりします。

somehiro-20160306-19

この基準の延長線に何を残せるのか。

LINEで送る
Pocket

大寒の頃 〜 デドコロ ノ ハジマリ 〜

2015-01-17-15.32.52

とても寒い日、大寒の頃
子供達が釣りに行きたいと言い出し
どうしても行きたいと行きたいと言い出し、
しかたなく実家の物置から
何十年かぶりに釣竿を取出し葉山の海へ出かけました。

案の定、子供達はすぐに釣りに飽きてしまい
釣竿を海からあげて遊び始めてしまいました。

そんな時
釣竿が大きくしなり、動き始めました。
なんだこれは!と思った瞬間
青い鳥が羽ばたき、暴れ始めました。
青い鳥がエサをついばみ、くちばしに針がかかってらしいのです。

ああ、大変だ
普通でない気配を察知し、子供達は逃げ出してしまいました。

糸をたぐり寄せ、ちょっとおとなしくしてくれよ、
針が外れるかなぁ、暴れ回る青い鳥を掴み
くちばしの針をなんとか取り外し
ふぅ、よかった。
さっきの小魚みたいに針を飲み込んでしまったら
どうしようかと思ったよ。気をつけなよ。
と心の中でつぶやき、鳥を逃がしてやりました。

掌の中には、
針を飲み込み息絶えた魚の振動と
青い鳥の動き回る感触が残ってしまいました。

その夜の事
夢の中に神様が降りてきました。
靄の中、白い衣装をまとった膝下しか見れませんでしたが
こう言うのです。

今日、おまえが感じたあの掌の振動と感触は
「 デドコロ ノ ハジマリ 」といって
これから大きなエネルギーが出入りしはじめる
ひとつのきっかけの出来事だと。
それは良い事でも悪い事でもない。恐れる事もない。と

何か、とても象徴的な出来事で
夢から覚めてもあの掌の振動と感触が
自分の中に刻まれた様に感じてしまいました。

LINEで送る
Pocket

堀先生を偲ぶ


多摩美術大学染織デザイン科で染を教わった
堀友三郎先生が今年の七月七日九十歳で永眠されました。
御夫人より喪中のご挨拶とお手紙、画集をお送りいただきました。
私、師と仰ぐ存在をあえて持たないようにしていますが
堀先生からは、お言葉や作品や佇まいから
染めに対する姿勢を心の奥に染み込むように受けとりました。
思い起せば、在学中から何かと気に掛けて頂き
多摩美術大学を卒業してからも折に触れてはご連絡頂き
いつかのお約束が実現できず残念でなりません。
堀先生の思い出をいくつか書き留めたく思います。
・多摩美時代、デッサンの必要性を何度もおっしゃっていました。
 今、しみじみと実感します。基本はデッサンです。
・卒業制作を韓国の美大に展示し旅行した際
 乾燥するホテル室内は喉を痛めるとバスタブに湯を張って湿度を調整する知恵と
 寺院見学で階段を息を切らせ登った時に伺った、陸軍歩兵連隊時の体験談
 印象深く覚えています。僕らより健脚で大変お体丈夫でした。
・手描きネクタイをたくさん制作していた話
 自分も部屋中に藍染途中の手ぬぐいや靴下がぶら下がると
 堀先生もこんな感じだったのかなと思う事があります。
変な話かもしれませんが
時空を飛んで過去や未来や故人や未来人とコニュニケーションできるような
「イマジネーションは時空を超える」感覚になる事があって
ちょっと回りくどくなりましたが
堀先生、お亡くなりになっても会話が出来るような気がしてて
おお、スギト君か、しばらく会わなかったね
染めなさい励みなさいよ、デッサンが基本だからね。
そんな声が聞こえてきそうです。
教えて頂いた事を忘れず私も染めに取り組みます。
  
堀先生が絶筆となった「春宵」を染めていた頃
自分も「月のブルー」というのれんで
月を染めていた事を知り不思議なご縁を感じました。
 
堀友三郎先生のご冥福をお祈り致します。
 
 
LINEで送る
Pocket