万祝と白浜海洋美術館について その2

白浜海洋美術館所蔵の万祝

少し「万祝」についてご紹介したいと思います。
万祝(まいわい)とは大漁の祝いに、船主が乗り手達にお祝いとして配った「漁師の晴れ着」のことで江戸時代末期、房総半島一帯から広まったといわれています。

白浜海洋美術館所蔵の万祝

大漁の祝着である万祝は、北は青森から南は静岡辺りの太平洋沿岸で見られ、
木綿生地に背型には鶴に家紋や船印、鶴の口には吹き流しをくわえさせ
年代や漁船名等を記入腰型には鶴亀・松竹梅・七福神・注連縄などの縁起物や浦島太郎・桃太郎などの昔話やイワシ、カツオ、マグロ、クジラなどの漁獲物などが鮮やかな極彩色で染められ、地は藍色に染められました。

白浜海洋美術館所蔵の万祝
万祝に使われた型紙

絵柄は型染で行われました。
型染めとは、和紙を柿渋で塗り重ね丈夫にした渋紙を小刀で柄を彫り
型紙を版として何度も繰り返し柄付けを行う染め方です。

万祝に使われた型紙
万祝に使われた型紙細部をみると当時の職人の息づかいが記憶されている様です
大漁の文字細部
大漁の文字細部

明治、大正、昭和初期に見られた万祝も
高度経済成長の波の中で消えてしまいました。

万祝は、漁が大漁だった時のご祝儀として作られたり
年末のボーナスとして配られ、新年の挨拶時に万祝を着て船主元での宴会に参加することで、今年も同じ船に乗る、という意思表示の役割もあったそうです。

同じ船に乗る証に万祝を着て新年の酒を飲み
一緒に伊勢参りをした写真が残っていて、何て「粋」な世界なんだろう。

そんな意味合いがあったので、船主もなるべく「良いもの」その時々の祝いにふさわしい柄を発注していた様です。

白浜海洋美術館名誉館長 柳和子さん
白浜海洋美術館名誉館長 柳和子さん

柳さんいわく、万祝は初期のモノの方が仕事が丁寧。
当時は「良いモノをつくろう」という心意気が伝わってきて、
職人が技を競っていた。
大正から昭和になると、大量生産してお金を儲けよう、みたいな
商売っけが混じるようになり、波の曲線にしても、藍の染め具合にしても
仕事も雑になってきた。

説明を聞きながら、展示の万祝を眺めると
一目瞭然。時を経て、丁寧な仕事は今もその容姿を残しています。

その3へ続きます。

LINEで送る
Pocket

万祝と白浜海洋美術館について その1

白浜海洋美術館/千葉
万祝を中心に海洋美術品を展示している千葉/白浜海洋美術館

今回、染裕の藍染筒描と衣類・装飾品を展示販売頂いている
「白浜海洋美術館」とその所蔵品「万祝」について、
少々、遡ってご紹介します。

今から18年前。確か多摩美を卒業して大阪でテキスタイルデザイナー(社会人になり挫折を味わっていた)頃じゃないかなぁ。(昔の資料やスケッチブックの日記を見つけたら修正します)休みになるとバイクでツーリングしながら美術館、博物館、資料館、民芸館などの伝統工芸を廻っていました。「万祝」を知り、白浜海洋美術館を調べて訪ねました。

万祝(昭和の初め頃迄、漁師が着ていた藍染の法被)
白浜海洋美術館所蔵の万祝

この万祝コレクションを見て、豪快な美しさに
何てすごいんだろうって、ビックリしたのと「確信」みたいのがあって、
これだ!って。

当時から「藍染」「工芸品」「暮らしの中の美」みたいなキーワード、その先を探してたんです。各地の民芸館や資料館、国際染色美術館(旭川)、にも藍染の装飾を見る事が出来たけど、ここまでの水準で集約されたコレクションは他で見られなかった。

誤解を恐れずに少しエグるなら、藍で染まっていればいいってもんじゃなくて、生活に根付いていた日常品(将軍や皇室献上品でない)だったものって、時間を経たフィルターを通して見るとピンキリがあって、染まりが悪かったり、文様や作業が乱雑だったり、経年劣化が激しかったり、そのモノ自体から発せられる「美しさ」みたいなものがないと、鑑賞に耐えられなくてノイズが発生してくるんですね。良いとこ探すけど、もうキリがない。みたいな。

白浜海洋美術館所蔵の万祝
万祝には日本人が忘れちゃ行けない「美意識」が集約されている、と思います。

白浜海洋美術館に所蔵されている万祝はピン、
つまり「良いもの」が集まっている事。
そして江戸後期から明治、大正を経て昭和の初期、万祝が姿を消す迄の時代のモノが集められている事。
ここまでのモノが集まると、ノイズとは真逆、「美しさ」を集めたその上澄みの旨さ、みたいな味わいを感じる事ができるんです。
そのエッセンスって濃縮されてるから、いいダシになるんです。

白浜海洋美術館所蔵の万祝

万祝の模様とその背景にあったもの。薄めたり濃くしたり、味付けしたり、いろいろをスケッチブックに試して
白浜美術館にもなんどか訪ね、名誉館長の柳和子さんにもお話を伺い
今の染裕のベースになる屋号の文様を作りました。

白浜海洋美術館所蔵の万祝

長くなるので、続きます

LINEで送る
Pocket

想い出の地 白浜へ

あっという間に一週間経って、白浜海洋美術館での藍染展示会がスタートしたら
夏のはじまりなのに、もう夏が終わってしまったような、“夏のぬけがら”気分。

忘れちゃう前に、いろいろを書き留めておきます。

フェリーから海を眺める
久里浜から金谷へ。東京湾を横断するフェリーより

確か18年前も、フェリーに乗って白浜を目指しました。フェリーに乗ると旅してるな〜ってテンション盛り上がります。搬入一式車に詰め込み一人旅。

カモメ
フェリーの上空を迂回するカモメ

カモメを眺めていたら、飛びながら頭も掻けるんですね。
なんて自由なんだ。美しいフォルムだなぁ。

ちょっと順番が逆になりますが、白浜海洋美術館と万祝については別でまとめるとして、搬入後の夜と翌日の事。

somehiro-2016-0717-03
イワシやイカの漁船の光が沖に輝いていました。真っ暗の闇を照らす灯台の光。

今回は白浜で一泊したのですが目の前が海。
真夜中に目が覚めてしまい、
“地上の夜 この星の現在地” オザケンのフレーズを口ずさみながら
こんな真夜中に動く光。
ぼけーっと灯台と海上の漁船を眺めていました。

somehiro-2016-0717-04
空が明るくなって来たら白い灯台が。
「喜びも悲しみも幾年月」昔見た木下惠介の映画を思い出しました。
ツバメ達が飛ぶ中、早朝のお散歩へ。

野島崎灯台
横浜から64km 房総半島最南端

灯台資料館もあったんだ、今知りました。今度行ってみたいな。
潮風を浴びながら、灯台の周りを歩いて思った事。

たぶん18年前、灯台と厳島神社は訪ねなかったのですが
白浜海洋美術館や万祝も、この地域性と根深く関係している
この土地が持っている、土着的なエネルギーを強烈に感じました。

バイクでツーリングして何度も訪れた、
徳島/藍染、和歌山の白浜/南方熊楠記念館と
千葉の白浜/白浜海洋美術館のこの土地は
間違いなく僕にとってパワースポットです。

somehiro-2016-0717-05
この日はお祭りがあるらしく、映画のセットのような会場。
祭りの朝の静かすぎる瞬間。

somehiro-2016-0717-06南房総白浜 海女まつり。とてもにぎやかでした。

somehiro-2016-0717-07
階段を上って厳島神社へ。早朝の神社は清々しい気に満ちあふれています。

somehiro-2016-0717-08
この奥を降りて行くと白浜海洋美術館があります。
もし時間があったら、灯台とこの厳島神社を散策してからの
コースがおすすめです。

somehiro-2016-0717-09
平和の愛鍵、すごいキャッチフレーズだ。親父ギャグっぽい 男根・七不思議(笑)

日本各地を廻っていると何度か見かけましたがこちらにも。
ちょっとビックリでしたが、縁結びと子宝
この写真見てるだけでもご利益ありそうですよ

somehiro-2016-0717-11
目の神様の薬師如来だそうです。

実は、、、今回の展示で筒描を吊るす竹が短く
目の神様のお近くの竹を一本許可頂き、展示に使わせて頂きました。
こちらに祀られていたのですね。

白浜海洋美術館のある、この周辺は独特な空気があります。
悪く言えば、南房総の漁村のローカル感、
良く言えば常に潮風を浴びて清められている様な
あるべくして鎮座しているような、
この土地を訪ねないと感じられない不思議な雰囲気です。

万祝と白浜海洋美術館の事は
次にまとめます。

LINEで送る
Pocket

ネクタイ締めて陶芸する人「川喜田半泥子」に憧れる

日経新聞2016年6月26日美の美より
ネクタイ姿で作陶する川喜田半泥子 2016年6月26日 日経新聞 美の美 より

先月の日経新聞、美と美に特集された
川喜田半泥子(かわきたはんでいし)
何年も前に、この写真を見て、染裕は憧れていました。
自分もネクタイ締めて藍染する人になりたいなぁ。と

紺屋(藍染屋)のことわざにも、
「紺屋の白袴」というのがあって、いろいろと言われてますが
・忙しくて自分の着る物を染める余裕がない
・白い袴を汚さない程の達人
染裕解釈だと後の方がよりわかる感じがします。

白袴をネクタイに変えて例えると、気持ちが違うんですよね
さすがにこの時期はクールビズでネクタイは外しますが。

紙面のコトバ、少しご紹介します。

頭取の土遊び
ただ無心に土をいじり、ろくろを廻した。割れても欠けてもいいじゃないか。奔放に土と遊んだ銀行頭取、いやはや「でかしたもの」をつくったぞ。

泥むと書いて、なずむと読む。いろいろな意味があるが、ここでは没頭するの意。半ば泥みて半ば泥まず。没頭し、どろんこになりながら、なお冷静に自己を見つめなさい。 人生の後半、勤めのある日は朝晩、勤めがなければ日がな一日、半泥子は泥いじりに泥んだ。泥んで泥んで、泥む自分からも離れて、、、

ろくろを教わるのが46歳、陶芸に本格的に取り組むのはその10年後の事。遅咲きのアマチュア恐るべし。形式ばった事を嫌い、土の自然にまかせあるがまま。

「無茶苦茶につくる茶碗の無茶法師
それで飲む人茶茶無茶苦茶」

半泥子は茶の湯をたしなみ、茶室も造ったが、茶人転じて無茶人となった。形式ばった茶を嫌う無茶人は、好きなテニスを終えたあとそのままの格好で茶をたてた。

魯山人と9時間半、お互いにあごがだるくなるまで、しゃべり通した。天狗と無茶法師は以下の点で一致する。作品のよしあしは技術より人格の現れだ。昔のイイ焼き物は土も釉薬も自然の産物だから自然の味が出る。焼き物は日本が世界一。玉、古銭に興味無なし。茶道はイイものだが、誤り伝える「茶人型」はイヤ–などなど。

僕も思います。作品は陶芸でも染織でも絵画でも、人格の現れだと。
そして小津監督のこんな言葉を思い出しました。
「人間はすこしくらい品行は悪くてもよいが、品性は良くなければいけないよ。」

頭領の土遊び 川喜田半泥子
日経新聞2016年6月26日
美の美 より

叶わない願いですが、魯山人と川喜田半泥子と染裕で飲食いしながら「藍染について」談義してみたい。
きっと鼻でわらって会話してもらえないか、
ついてこれるか?って潰れるまで飲まされるかな。

座右の銘とした「泥多仏大」
泥多ければ仏大なり。大仏様は土で型をつくり、そのまわりにも土の壁を築き、隙間にとけた銅を流し込んで成形する。泥が多いほど仏様が大きくなる、人間もまた同じじゃないか。

最後に、翌週の日経『美の美」に紹介されていた一文で締めます

「真の芸術と真の事業とは、その美、その創作、その努力において相一致し、その尊厳さと強さにおいて相譲らざるものである

LINEで送る
Pocket