マチルダさんの事 ガンダムより

somehiro-20160228
撮り溜めた再放送中のガンダムより
マチルダさんが補給部隊に入った理由を知り
改めて奥深い世界観を感じる

「戦争という破壊の中でただひとつ、物を作っていく事ができるから、
かしらね」

「戦いって破壊だけ、人間ってそれだけでは生きていられないと私には思えたからよ」

LINEで送る
Pocket

炭について

先日、打合せ中ふとした事から「備長炭」の話になり
その後気になって、父親に教えてもらった炭について
をまとめてみました。

somehiro-20160207-01
実はうちの父親、森林インストラクターや森の先生として
炭について教える事があり、教材用の炭コレクション(?)や
資料を見ながら説明してもらいました。

まずは炭の分類、
600〜800度くらいで焼く黒炭と
1000度以上で焼く白炭に分けられるらしい。
somehiro-20160207-03
白炭は実物を手にすると、ズシリと重く他の炭のような黒い粉が出ない、
カーボンの様な硬質で独特の存在感があります。
金属や磁器などで軽く叩くとキーンと澄んだ音がします

備長炭とは白炭の主にウバメガシが原料で紀州(和歌山県)産の
炭の事だったらしいが、現在では海外産の備長炭もあったりして
分類が曖昧らしい。ふむふむ。
消臭や湿度調整などの特性が有り、燃やすのもったいないけど
備長炭(白炭)は火力が長く続き、遠赤外線効果で食材の芯まで
熱が伝わり旨味が違うそうです。

備長炭(白炭)って製法が難しく熟練の技も必要のようで
今後は希少価値高まってきそうですね。

somehiro-20160207-04
こちら黒炭。なんとなく一般的なイメージで思い浮かぶ炭です。
クヌギやナラ等が主な原料で、炭の中心に菊の花のような文様が出る炭もあり、
空気の通りも良いので火が付きやすく火力も有
白炭にくらべると、柔らかく火の持久性弱

somehiro-20160207-02
こちらは親父が焼いた竹炭。
竹は竹林整備で原料をたくさん確保できるし、
家庭で使うには大きさも手頃で使いやすいですね。

somehiro-20160207-06
オガクズ等を固めたオガ炭。
真ん中に穴があいてます。均一の大きさ、安定した火力
業務用でコストも使い勝手も良いのかな?

somehiro-20160207-05 こちらはバーベキュー用に販売されている海外製の炭
コスパとお手軽さではベストですがもろくて黒い粉がポロポロと。

日本国内の炭焼きは、生産者の減少で大変なんだよ、とか
釜の温度や大きさや焼き方はなど等、
エトセトラをたくさん聞いたのですが、、まとめきれないので
親父も入ってる炭やきの会、会報誌の「くえるくす」
2015年1月号掲載資料より炭に関する資料をご紹介
somehiro-20160207-08
この会報誌によると
国内の白炭、黒炭ともに生産は減少傾向
竹炭は生産者減少ながらも生産量は増加傾向

somehiro-20160207-09
国内需要の約8割を海外輸入に頼っているんですね。
中国からの輸入が減少傾向、ベトナムが急増

国内では炭生産者の減少(高齢化)が現実で
輸入に頼らないと供給は間に合わないですね。

う〜ん。ここでも高齢化と少子化後継者不足ですね
以前、醗酵建の藍染をしていた頃
灰汁を取る灰の入手で黒炭の産地を訪ねた事を思い出しました。

somehiro-20160207-07
最後に、いろんな炭を見せてもらったけど
親父の炭コレクションが入っていた竹製のビクかご、
コレがいちばん興味ひきました
山菜取り用らしく、この手仕事も魅力的ですね。

LINEで送る
Pocket