ふたつの「藤田嗣治」

開催中のふたつの「藤田嗣治」を見てきました。

somehiro-2015-10-30-01
まずは、第28回東京映画祭コンペティション部門にノミネートされている
映画『FOUJITA』を見にTOHOシネマズ六本木ヒルズへ。

街中、東京映画祭のポスターやフラッグが飾られて
特に明日のハロウィンの影響もあってか
街中がウキウキ&ソワソワしている感じ。

somehiro-2015-10-30-02

映画『FOUJITA』
様々な断片が映画の中に凝縮されていました。
伝記映画ではない、との前情報を知って
どんな映画なんだろう、不安もあったのですが予想を裏切らない映画でした。
「エコールドパリ」「日本帰還と戦争画」
エンディングでの「チャペルフジタ」

印象的なシーンが幾つもあったのですが
まだ言葉にまとまらないので改めて、、、。

そして
染裕制作の「藍染筒描茶道具」映像の中で確認できました。
劇中、歴代の妻を生地の風合いに例え、5人目の妻
君代夫人から揶揄される印象的なシーンの背景に映し出されました。

プロデューサーさんより、薄暗く目視確認できない、と連絡頂いていたので
思わず叫びそうになりました。しっかり見えましたよ!

エンドロールには、お世話になった皆さんのお名前に混じって
「染裕」の表示も。本当にうれしいです。

上映後、小栗康平監督のトークとQ&Aコーナーがあり
最前列で見ていたので監督を目の前で拝見。
出来れば3つの質問をしたかったのですが、
タイムアップで機会を逃してしまいました。

somehiro-2015-10-30-02a

上映終了後、映画の余韻で放心状態。

第28回東京国際映画祭は、いよいよ明日10/31まで
関連のライブかクロージングの準備なのかな?
周辺はイベント準備で賑わっていました。

そして次に向かったのは東京国立近代美術館
2015年12月13日までMOMATコレクション
特集:藤田嗣治、全所蔵作品展示。開催中

somehiro-2015-10-30-03
東京国立近代美術館「眺めのよい部屋」からの景色。

藤田嗣治の代表的な乳白色の裸婦から戦争画14点も初の一挙展示

やはり実物を見ると訴えてくるパワーが違いますね
多少は経年劣化があるかもしれないけど、乳白色は独特でした。
技法について言われてるけど、そんなのどうでも良くて
視覚から訴えてくるパワーが全てで、たぶん視覚以外からも感じてるんだろうな

わざと暗く汚く見える色調で描かれた戦争画は乳白色の裸婦像とは対極的。
生と死がむき出しに描かれ、死に物狂いの兵士の姿と死者の生気を失った表情とは
脈々と続いた人類の歴史、ルーブルにもあった絵画の歴史でもあり
描かざるをえなかった藤田の画力の総集を、画面の隅々から感じました。

somehiro-2015-10-30-04

ふたつの「藤田嗣治」
やっぱり自分の目で見なきゃダメだなと。再認識。

映画「FOUJITA」は11月14日(土)から全国ロードショー
東京国立近代博物館は11/1と11/3は無料になるらしいですよ。

この秋、「藤田嗣治」話題になりそうで
映画の事、いろんなメディアで取り上げられそうで楽しみです。

LINEで送る
Pocket

いよいよ明日からです!

いよいよ明日から
美とんさくらい岡村店にて藍染筒描展、開催します!

本日搬入し展示準備をしてきました。
この日の為に堀内さんは店内の壁を白く塗り替え
店内のスペースを準備、筒描を下げている竹は、
岡村天満宮の宮司さんより境内の竹を提供いただき
堀内さんが節を削って用意頂きました。

somehiro-20151021_02

展示をお手伝いいただきました
左より、がんちゃん、堀内さん、染裕、タウンニュース磯子区記者の栗田さん、
ゆきさん、皆様に感謝です!ありがとうございました。

—10/23追加–
今回の展示情報をタウンニュース磯子版と金沢区版に掲載いただきました。
画家藤田の筒描を再現人物風土記
是非↑こちらもご覧下さい。

somehiro-20151021_01

展示後、岡村天満宮の宮司さんへご挨拶
多摩美とご縁があるらしく
毎年、多摩美の和太鼓サークルが岡村天満宮例大祭で演奏をしているそうです。

やっぱり地元ですね〜!
みなさん月末のゆずのライブが楽しみで
ゆずトークで盛り上がりました。

somehiro-20151021_03

期間中は作品の入れ替えや、
お客様に喜んで頂ける企画を考えています。

とんかつ美とんさくらい岡村店は、バス停天神前の真ん前です
是非、皆様のご来店をお待ちしています。

期間:2015年10月22日(木)~12月4日(金)
※好評頂き11月14日迄を延期しました(追記)

場所:横浜市磯子区岡村2-11-4
営業時間:期間中無休
ランチ11:00〜15:00 ディナー 17:00〜22:00
とんかつ美とんさくらい岡村店 045-753-9090

LINEで送る
Pocket

Tama Art University in Kanagawa 2015

FEI ART MUSEUM YOKOHAMA で開催していた
多摩美校友会神奈川支部OB/OG作品展、本日終了しました。
2015-tama-art-kanagawa-01
搬入日前日、参加させて頂く事が決まり
慌ただしくも充実した日々でした。
2015-tama-art-kanagawa-02
何とお伝えすれば良いのやら、ホントに皆さんありがとうございました!
他、参加者皆さんの作品を紹介しながら、感じた事など。

2015-tama-art-kanagawa-05
「寓話の中から」宇野務さん作

神奈川支部事務局の宇野さん、お世話になりました。
様々なアドバイスを頂き、改めて多摩美卒を誇らしく思いました。
宇野さんと話していて、いろんな事思い出して刺激になりました。
たぶん、これからもっといろんな回路が動き出す、と思います。
ホントにありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

2015-tama-art-kanagawa-06
「渦巻き草」 小渕佳子さん作 麻糸、金糸、銀糸、フェルト、針金

同じ染織卒の小渕さん作 ゆっくり作品を拝見したら、
一見金色の生地には複雑な色合いがミックスされ渦状な形状に。

2015-tama-art-kanagawa-06a

これはどうやって造ったんだろう。会場の空調のわずかな動きを受けて作品も静かに回転している魅力的な作品。

オープニングパーティーで楽しいトークをご一緒させて頂いた、飯田さんの作品

2015-tama-art-kanagawa-07
「floating」飯田千晶さん作 パネル、化繊

水をイメージした作品を制作されているそうです。みずみずしい色とカタチ

2015-tama-art-kanagawa-08
「青いセーターを着て深呼吸」道源綾香さん作 油彩、キャンパス

同じくオープニングでご一緒だった
道源さんの作品。緻密なタッチで独特の世界観、物語の風景の様。

2015-tama-art-kanagawa-15
「大猩々牡丹」土井彩香さん作 大理石、漆

金曜日の当番でご一緒だった土井さんの作品。
背中にはドクロと牡丹の模様が施されています。

2015-tama-art-kanagawa-09
「アニマル・フィギュア」小渕俊夫さん作 バルサ材、アクリル絵具

色合いも鮮やかでポップな印象のアニマル・フィギュア

2015-tama-art-kanagawa-16
「振動と意思(広がる528Hz)」延岡穀一 発砲スチロール

いろんな事、
いろんな意味でビックリしました。延岡さんの作品。
美しい調べ、オープニング時はギターの奏でも美しかったです。

2015-tama-art-kanagawa-11
「時を紡ぐ」清見佳奈子さん作 絹、岩絵具

水面の模様と蓮の花が見事。
遠くから近くから、見入ってしまいました。

2015-tama-art-kanagawa-12
「PIECES」平田由布さん作 パネル、古布

様々な古布が細かくカットされ埋め尽くされてるんです。
それぞれの模様がひとつの画面に。

2015-tama-art-kanagawa-14
「白い街」國島展夫さん作 油彩

ああ、隙がなくてそれぞれが美しい。
う〜、いや、素晴らしいです。

2015-tama-art-kanagawa-13
「dazzle」高梨麻世さん作 胡粉地、アクリル、水彩、鉛筆

このタッチ、美しいです。
もし今度お話できたら、お客様の声、預かっています。

そして。。このお二人の作品にはビックリしてしまいました。

2015-tama-art-kanagawa-10
「群青の部屋」飯田文香さん作

オープニングの時には、ゆっくり見れなかったのですが
当番の日、時間があって皆さんの作品をじっくり観察していて
ちょっとビックリです。この作品。
複雑な謎解きのようで、悲しみと絶望も感じるけど希望も感じる。
この、どうしようもないエネルギーってどこからなのか
作者の飯田さんと話してみたいけどそんな野暮な事、
どうでもいいのかな。
でもスゴイエネルギーに圧倒されてしまいました。

2015-tama-art-kanagawa-10a
この憂いは『何?』

2015-tama-art-kanagawa-17
「CURIOSITY」 宮司江梨さん作

そしてこの作品。
凄いです。ビックリです。
息止めて眺めました。いや美しい。
余白もフレームさえも。

2015-tama-art-kanagawa-17a
この作品は一点もの、デッサンの様です。
作者の宮司さんにお尋ねしたかったけど、
きっと聞かなくてよかったんだなぁ。
すごい存在感でした。

ごめんなさい、紹介できない方々
写真は撮ったんですけど、、。
やっぱり凄いや。みなさんホントに凄いです。

忘れてた多摩美のテイスト思い出しました。
今回参加させて頂き、本当にありがとうございました。
最終日、お話していたら、、いろんな出来事と繋がり
多分、これからも繋がっていくと思っています。
ありがとうございました!

LINEで送る
Pocket

多摩美の匂い

FEI ART MUSEUM YOKOHAMA で開催中の
多摩美校友会神奈川支部OB/OG作品展
2015 BIRTHPLACE ART—Tama Art University in Kanagawa—
染裕も参加しています。

somehiro-2015-10-12-01

搬入日に感じたのですが、多摩美の匂いがします。
思い出しました、学生の頃を。この匂い、何だろう、
きっと油絵具か画材の匂いなんだろうけど
多摩美の教室や学食を一瞬にして思い出し
ご一緒させて頂くOB/OGの方々を見ていたら、
ああ僕も以前はこの空気の中で学んでいたんだなぁという
ホームに帰ってきた感じを味わいました。

somehiro-2015-10-12-02

多摩美に憧れて、当時の染織デザイン科に入りたくて
どうしても入りたくて、2浪して何とか入学。

憧れてた多摩美生活も当時は強烈な個性のぶつかり合いや
今思い出しても、あの頃の事って、、
僕が優れたクリエイターなら映画が数本出来るくらいの
濃い時間を過ごして、卒業後の長い間
多摩美卒を封印するようにして過ごしてきました。

特に、京都で職人見習いをしていた頃
職人の方から
サラリーマンの息子で多摩美を出たひよっコに何が出来る!
俺たちは先祖代々職人でおまえさんとは違うんだ
と、罵倒されてからは、人前で母校を極力明かさないできました。

地元の横浜に戻り、染裕での創作活動をスタートしてからも
染めだけでは独立出来ず、今もシステム開発の会社員勤めをしています。

Web制作で入社したもののデザインとは無縁の業務が多く、
承認印と注文書と売上実績が優先される会社員勤めの世界
社内社外でも美術関係者の方々とは一緒にお仕事する事もなく
今はJAVAやVBといったシステムの開発言語を使う技術者と仕事中
何で伝わらないの?脳の構造が違うんですね
コミュニケーションが出来ない日々
今では、多摩美時代考えもしなかった
スーツ着てネクタイ締めて通勤する
営業職全般を担当しています。

多摩美卒業後、長い間アウェーで戦ってきた感じです。

多摩美を出て、学んできたその専門職で活躍できれば
それが最高なんだろうけど自分の場合はそうはいかず、、、
「作品に値札を付けて商品としてお客様へ届ける」という
多摩美では全く教わらなかったことを、
会社員勤めしながら学び、染裕の活動で展開しているつもりです。

somehiro-2015-10-12-03

今回、映画『FOUJITA』で制作した筒描を多くの方に見てもらいたく
すごいタイミング、搬入前日にお願いして展示に参加させて頂きました。
やっぱり多摩美って誇れる母校だと再認識してます。

年代もバラバラで、面識ない方々だったのですが
OB/OGの皆様、いろんな繋がりがあってびっくりしてしまいました。

somehiro-2015-10-12-04

オープニングパーティーで御一緒させていただいた
今も創作を続ける魅力的な皆様
楽しいお話たくさんありがとうございました。
お酒も入って、ちょっとしゃべりすぎでした、スミマセン。

お話を伺っていたら、自分が高校生時代
通っていたヨコハマアートスクール(今はなくなってしまいました)
でよく名前を聞いた卒業生のお父様だったらしく
やっぱり狭い世界なんでしょうか、繋がりに驚いてしまいました。
近々、息子さんともお会いできると思い楽しみにしています。

2015年10月18日(日)迄開催中です
神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-33-2 横浜鶴屋町ビル1F
tel. 045-411-5031

お近くにお越しの際は、是非お立ち寄りください。
私、会場には16日(金)午前・午後通している予定です。

LINEで送る
Pocket

「美とんさくらい」堀内さんとの出会い その4

ラストでその4です。

1.藍染筒描「鯉の滝昇り」の制作秘話
2.2005年 第3回染工房裕 横浜赤レンガ倉庫展示会
3.2009年 堀内さん横浜マイスターに選定!
4.美とんさくらい岡村店で染裕展示

——————————————————————————–
4.美とんさくらい岡村店で染裕展示
——————————————————————————–
それから暫くの間、堀内さんとはご無沙汰してしまいました。

昨年、映画「FOUJITA」制作スタッフの方から
藤田嗣治が生涯手放さなかった藍染筒描茶道具の制作依頼を頂きました。
撮影開始までの期間が2カ月程しかなくて、少々タイトなスケジュールだったのですか
こんなに光栄な仕事、他のどなたにもお譲りしたくないし
きっと他の方では出来ない仕事、こちらからお願いしたいくらいで
喜んで制作させて頂きました。

いよいよ映画公開がきまり、せっかくの機会なので筒描の展示を企画
今までの筒描を一堂に展示したく、鯉の滝昇りがある
堀内さんの店舗でお願いして展示させて頂くことになりました。
somehiro-biton-2015-10

久々だったのですが、お会いしたら直ぐに10年前と同じ
熱い思いを沢山お話頂きました。

体調を崩し、ガンが見つかり入院し手術、退院後再発
手術直前でガン細胞が体中から消える奇跡を体験され
生かされている命を実感、多くの人に助けられたので
残りは何か恩返しがしたい。自分に出来るのは調理で
みんなに喜んでもらえる美味しさを追求する事だ、と
再認識。改良を重ねまた新しい調子法を開発し特許も
取れたので何かイベントして発表したい、君の藍染と
一緒にお店で展開しよう。一生懸命頑張っていればね
必ず誰かが見つけて認めてくれるよ。

これからはね、
「二兎追うものは一兎も得ず」ではなくてね、
「二兎追えるんなら三兎目も追え」の精神だよ
とにかく出来ることを精一杯やろうじゃないか

somehiro-biton-2015-10-2

堀内さんのお店で展示できる事、大変うれしく思って
何かお客様へ喜んで頂けるような企画を考えています。
新しい製法で調理されたとんかつを召し上がって頂きながら
筒描をご覧頂ければと思っています。

期間:2015年10月22日(木)~11月14日(土)
場所:横浜市磯子区岡村2-11-4
とんかつ美とんさくらい岡村店 045-753-9090
染裕 藍染筒描展示販売会、ご期待ください。

LINEで送る
Pocket