醇風満月堂のれん 藍染バージョン 納品

なんとか年内中に納品したくて、
年末も年末、年の瀬に大掃除もしないで、なんとか納品に間に合わせました~
ふぅー。
染裕 藍染満月堂のれん
麻生地に筒描で文字と文様を染抜いた藍染のれんです。
夏用の白生地バージョンもすっきりしてましたが、
やっぱり藍染に白文字のれんもいいですね
製作中のいろいろ、ご紹介します。
 

“醇風満月堂のれん 藍染バージョン 納品” の続きを読む

LINEで送る
Pocket

木下惠介監督 映画「花咲く港」

「花咲く港」木下惠介監督作品より「花咲く港」木下惠介監督作品より
1943年 昭和18年制作 木下惠介監督 映画「花咲く港」
を見ていたら万祝の漁師さんが登場するシーンがあって嬉しくなりました。
映像では、少々着込んだ万祝のようですね
おそらく、、昭和18年なら
まだ漁師さんたちも万祝を着ていたんでしょうね。
映画の舞台は南九州のとある小島、となっています。
南九州でも万祝を着る習慣があったのか?
映画の衣装としてイメージ重視で港町の漁師に着せたのか?
遠洋漁業で地方の漁師がこの街に滞在していた設定なのか?
当時の衣装担当の方に尋ねてみたいです。
少し映画の事もふれておきます。
木下惠介監督
現在では黒澤監督作品、小津監督作品にくらべ
非常に認知度が低いようですが映画としては、木下惠介監督の作品、
どれもクセがなくて日本人好みの優秀作揃いだと思います。
映画監督をくらべるのも…馬鹿げた事ですが
黒澤作品はドスが効き過ぎ(強くて良いのですが)
小津作品は淡白でさっぱり過ぎ(ソコがなんとも心地よいのですが)
木下作品は、、なんでこんなに良いのに有名じゃないの??(十分メジャーですけれども、、)
と思ってしまい、この「花咲く港」も期待通りの作品でした。

何が言いたいのか、、わからなくなっちゃいましたが、、
昔の白黒の日本映画に万祝が出て来て、
それが木下映画なのでちょっと嬉しくて、
自分のブログに残しておきたくなりました。
LINEで送る
Pocket

ビアレヨコハマ 趣味の手作りフェア開催中


ビアレヨコハマ本館2階で
19日まで行なわれている
第50回 サンタモニカ趣味の手作りフェアに
染裕出展しています。
会場不在にしておりますが
お近くの皆様、お買い物ついでに是非!

“ビアレヨコハマ 趣味の手作りフェア開催中” の続きを読む

LINEで送る
Pocket