加藤周一 そのコトバ

 今日は昼から寒くなってきて
振るえながら、染めをしていて
昨日見た映画を考えていました。
「しかしそれだけではない。加藤周一 幽霊と語る」
予告編にも使われていたから、何度も見てメモりました

「世界の中で消える程小さい
 個人の意識が全世界に意味を与える」

昨年、ある関係の中で生まれた
「疑問」が「怒り」に変わり、自分が発したそれが
時間を経て、数倍になって自分に帰って来た事があったんです。
この例えは、個人での事なんだけど
「意識の流れ」みたいな現世界と並行して動いている世界、
みたいなものを感じたんですね。

すごい解りやすい例えだと、
こないだ確定申告済ませたんだけど、一年分の伝票の整理って
とても手間で、仕分けが面倒なんだけど終わらせたら
す~ごっくスッキリ感があって、もっと早くしてれば
気持ちよく染めが出来たのに、、、みたいな事があって。

伝えたかったのは、創作活動にも思考にも
ノイズのない、怒りとかのマイナスイメージのない
きれいな意識の流れを心がけないと
いろんな妨げになるって事なんですね、実体験として。

そんな事を思い出しながら、
「個人の意識が全世界に意味を与える」
を何度も考えてたんですね。

ピュアに生まれた意識は
全世界に意味を与えうるのか、って事なんだけど。

昨年、「機動戦士ガンダム」を改めて見たんです。
放送当時はサッカー部の練習時間で
リアルタイムでは見れず、ガンプラで遊んだ記憶はあるものの
再放送時時は興味もなくて、ストーリ理解してなかったんです。
昨年は等身大ガンダムが出現したりで
ちょっとしたガンダムブームもあり、友人のアドバイスで
劇場版三部作をじっくり見たんです。

ガンダムって、子供の見るアニメじゃないですね
30過ぎ(40間近ですが、、)で理解出来る
壮大なストーリーじゃん~!って。

これ、いろんな人で意見が別れるトコですが
僕にとってのガンダムは
アムロの『人はいつか、時間さえ支配することが出来るさ・・』
このセリフに集約されてるんですね、
いろんな人がいろんな解釈をして
次に生まれてくる物語に繋がっていったみたいなんだけど。

ただ、僕にとってこのセリフのイメージがつかめなくて
どんな事なんだ、、とモヤモヤだったのが
今日、寒くてふるえながら染めしてて
なんかヒラメキ!みたいな感触があって、、、

加藤周一氏は映画の中で、
戦死された友人や過去の偉人達と
「幽霊と語る」というタイトルになった様な
思考を続けて行って、変わらぬ意識を現代に呼び起こし
現在の状況を紐解く導きにしたんだけど、
これはアムロのセリフ
『人はいつか、時間さえ支配することが出来るさ・・』
に繋がる思考の行為だったんじゃないか??って思うんです。
その思考はもちろんピュアに生まれた深く潜った意識でしか
あり得ない事なんだけど。

氏に本当に幽霊が見えていた、とかは結構どうでもよくて
重要なのは母性的(女性的?)本能でのそういった交信ではなく
ピュアで深い思考のエネルギーは時空を超え、
現代から先の時代を照らす光になりえる!って事じゃないかって!

「世界の中で消える程小さい個人の意識が全世界に意味をあたえる」
こんな僕のブログが(意識が)どこに届くかわからないし、
それが僕のいう、ピュアで深い思考となりえるのかわからないけど
加藤周一さん!
あなたが幽霊なら
僕はいつだってあなたと語りたいです

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です