16年ぶりの再会。。。その1

自分の記憶に間違えがなければ、
16年前、大学生の頃
オートバイに寝袋を積んで、
工芸品の産地や興味を持った美術館を訪ねる
ツーリングをしていました。

出雲地方を走り、やっぱり日本中から神様が集まる場所は
見慣れた田園風景もなんとなく違ってみえるな~と感じながら
出雲民芸館や出西窯を見学、
その日は知り合った地元の方のお宅に泊まらせてもらいました。
(このとき、はじめて五右衛門風呂に入ったんです!)

その夜、出西で勉強会があるから是非おいでと
たしか、多々納さん(ご主人が焼物、奥様が染物を制作されてました)
という人にお声をかけて頂き、勉強会に参加したんです。

柳宗悦の民藝についての単行本を朗読、
その内容を皆で再認識する、という充実した勉強会で
最後にせっかくだから、と飛び入りの感想を求められ
「ビートルズをはじめて聞いたくらいのショックを受けました」
と答えたのを憶えています。

参加者は数十名、ほとんどが地元の人々だったのですが
鎌倉から来ていて、横浜に帰ったら遊びにおいで、
トンネルの先にお店があるんだ。と
ある人が話してくれました。
手仕事の良い品を日本全国探し、執筆活動もされていて
その時、雑誌に掲載された文章のコピーを頂いた思い出があります。

それからそれから、、、。。。

横浜に帰ってから、その人に何度か会いに行こうと
鎌倉に向かったのですが、
「トンネルの先にあるお店」しか思い出せず、
お店やお名前も伺っていたんだろうけど
思い出せず、、一度染工房裕として
染めをはじめた挨拶もしたいなあ。。と
昨年も鎌倉のトンネルを走るたびに、
それらしきお店を探していたのですが
見つけられませんでした。。。

今朝、新聞を見ていたら!
この人だ。。。。。。。。
それが下の写真記事の
もやい工藝 久野恵一さんです

今日、行ってきました、鎌倉に。

ちょっと長くなるので
次にづづきます!
くらし考-朝日新聞より-
2010/02/14 今日の朝日新聞の記事より

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です