藍に染まる獅子

いよいよ藍で染色です
生地の状態、糊の状態、藍の状態
そして染まり具合を見ながら緊張の瞬間。

唐獅子牡丹染め重ね中

この「唐獅子牡丹」は幅90cm、高さ180cm程の
今まで制作した筒描では最大の大きさ
染めも気が抜けません

良い染まりを祈りながら。。。

染→糊置→染→染→糊置→染→染→染 の順序で仕上げました

色の階層は
○ 最初に糊置きした部分(生地色)
○ 彩色(色を差した)部分
○ 薄藍色(1回染後に糊を置いた部分)
○ 中藍色(3回染後に糊を置いた部分)
○ 濃紺部分(糊を置かなかった部分)
となります

この生地は綿麻の藍染筒描「猛虎」と同じ生地です。
藍の中間色がとてもきれいに染まるので
唐獅子と流水部分は途中で糊を置いて
中藍色で表現しました

唐獅子牡丹糊落とし途中

緊張の一瞬。。。。

糊を少しずつ落とている状態です
なんとか、きれいに、染まっている!

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です