『Hana Buzz』開催中

野毛HanaHana館

横浜/野毛にある “野毛Hana*Hana
『Hana Buzz』アンデパンダン展が開催されました

様々なアーティストさんとご一緒に
染裕も筒描4点を出品しています
さてさて。いかがでしょうか。。

本日はポートフォリオミーティングという
公開プレゼンテーションも開催。

現代美術、嫌いではないつもりです。
(前回の横浜トリエンナーレには
 ニガい思い出もあるんですが。)
さてさて。いかがでしょうか。。

閑話休題

会場にミニ染裕案内を置いてあります。
ウラ面にはよく頂く質問を手書き風にまとめて
ハズカしながら自己紹介しました。
ブログ用に小さくまとめましたのでご紹介します。

染裕プロフィール

実はコレ制作してから、ビックリがあって!
「過去につながるリンク」と「未来につながるリンク」
みたいな “つながり” がありそうです。

ちょっと楽しみで
これ、来週にでもブログで紹介しますね!

LINEで送る
Pocket

「愛し愛されて生きるのさ」!

最近、いろんな事があったり
いろんな人の言葉から
グっ!と突刺さる感じが高まってきて
改めて思うんです。
「愛し愛されて生きるのさ」!

昨年末に知り合った、ある人のアドバイスで
神奈川/大和駅前で行なわれた骨董市に行ってきました。
想像していた以上の出展者/出展物で
はじめは何か面白モノないかな~程度だったけど
モノに圧倒されて、あれやこれや考えてしまいました。

陳列されているモノは時代を経て今に存在するだけでも
価値があるんだけど、やっぱり時代に耐えて来た、って事は
丁寧に作られ、大切に使われて来た、という事で
「民藝」に繋がる要素でもあるんだけれども。。。

今、自分の身の周りにあるもので
この先100年後にまだ形を残しているモノって
どれくらいあるんだろう。
現在を否定する気持ちはないんだけど、多くは
大量生産/大量消費の安価なモノで
それらは日常生活の中で壊れ捨てられていく運命で
もちろん作られた「熱」も違うわけで。。

愛情をもって使いこまれる道具は
やっぱり制作者の愛情をもって制作されないと
経年に耐えられない訳なのです

骨董市のモノを見て
そんな事を考えてしまいました

週末、ある交流会に参加
講演された方に質問した返答
「大事に肌身離さずいると、答えが自然にやってくるんだよ~」

この言葉!シビレました!

その方はビーチコーミング(海岸考古学?)を研究されている人で
簡単な説明だと、海岸に打ち上げられる漂流物の研究者です。

とっても面白い講演で、漂流物には化石、貴重な陶器のかけら
高価な香料の原料になるお宝もあるらしいんです!
確かに海岸で「こりゃ何だ~??」みたいなモノ
たまに見かける事もあって、ただのゴミみたいなモノと
化石や高価な破片はどうやって見分けるんですか??
との質問に頂いた回答なんです。

「大事に肌身離さずいると、答えが自然にやってくるんだよ~」

これってすごくイメージが伝わるんです、
ご本人は何気ない、ただの会話の中のコメントなのかもしれませんが、
コール&レスポンスって言うのかな、
僕にとってはコレも
愛し愛されるって事なんですね

服は惰性で買うものでない
探して、見つけて、という「手間」と「時間」をかけるからこそ
愛着が産まれ、大事にするという事につながる。

すごいよ、この言葉!
STYLEfromTOKYO
レイさんのブログで見つけた言葉です。
(ご本人からリンクの許可頂きました!ありがとうレイさん)

老若男女、性別問わず
第一印象で素敵だな~と思う人って
いろんな細部からもその人がにじみ出ていて、
やっぱり愛情をもってチョイスして大切にしてるから
その人の一部になれるんだよね~。。

「藍を愛せばアイが深まるんですよ~」
「大切にすれば色が冴えてきますよ~」
自分も親父ギャグっぽく、お話する事があるんだけど
これって嘘じゃないんですよ。

小沢健二が13年ぶりにライブツアーを再開!
このニュースを聞いてから『LIFE』のCD
ヘビーローテーション中。

「愛し愛されて生きるのさ」
このフレーズって、今でも輝いてる。
男女の恋愛関係、それだけでもないんだなぁと
つくづく思うのです。

~ それだけがただ僕らを悩める時にも未来の世界へ連れてく ~

LINEで送る
Pocket

心と体とバイクのメンテナンス

 cafeoflifetokyoにて友人のDC大陰

前回からのつづきで
「歯の痛み」
「目の痛み」
「匂いを感じない」について

いきなりビックリの写真ですが
これは頭蓋骨の模型でその下写真は
高校時代の同級生、現在は自由が丘で
カイロプラクティックCafe of life TOKYOの
DC大陰くんです
彼は本場アメリカでカイロプラクティックの効果を
自身の体で実感、習得して
体の事はプロフェッショナル!

数年前にいろんな偶然で久々に再会、
会うたびにアジャスト(ボッキっと調整)してもらってます

最近の痛みの症状を説明

自分:寝てる時とかさ、呼吸するたびに
   目は沈んでいくような、歯は隆起するような
   すげ~痛くて眠れないくらいで、
   今度は匂いを感じなくなってさ~。。

DC大陰くん、頭蓋骨の模型で説明してくれました。
いわく、脳からすぐ鼻の神経があって、目と歯の神経も
近くに並んでるんだよ。

歯が痛いとその痛み(歯を)直そうとするのは
西洋医学的な考え方で、その原因から直さないと
根本的に直った事にならないよね~

体のしくみはホントに良く出来ていて
どっかが凹むとどっかか凸む、みたいな
連携があるんだよね~

そんな連携で痛みは体からのメッセージだから
ひとつの痛みで原因を直さないと
他の痛みで体はメッセージ送ってくるんだよ~
(聞き間違いや表現間違ってたら、DCチェック頼む!)

ちょっと寝てみて~ (ボッキッッ!ボッキッゥ)
腰の上と下で流れが遮断されてるみたいだから~

お~っ。。。

自分、先月は無理しすぎと
ストレスも溜め込んじゃって
いろんな信号として体が痛みを出してたんですね。。。

不思議な事に痛みの原因としくみを理解して
DCにアジャストしてもらったら
何となく気分もスッキリで直ったキモチ。。

自分、人の事言えないけど
もうすぐ季節の変わり目
皆さんも心と体のメンテナンスを
お忘れなく!

追伸、、、 

バイク復活するも、
出先でエンジンがかからなくなりました。
あせりましたョ。どうしようって。。。

ゆすったり、たたいたり、
何回もチャレンジしながら
車載工具を引っ張り出し原因を探したら
どうやらバッテリーの接触不良みたい。

バッテリー弱り気味だったから、
4000回転オーバーで流してました。。。
いつもは3000も回せば振動でハンドル握れないけど
冬用のグローブのせいもあってか、ちょっと回し過ぎで
ネジが緩んだみたいだなぁ。。
単純なネジを締め直しで
エンジンかかりました。

しみじみ。。。
心も体もバイクも
メンテナンス大切です。

XL1200S 1999

LINEで送る
Pocket

匂いがしない。。。

 先日の16年ぶりの再会のおまけネタ

実は鎌倉に向うのにバイクを走らせたのですが
愛車のXL1200S 1999モデル君、
バッテリーがあがって昨年暮れから冬眠中でした。

バイク乗りにとって
バイクに乗れない期間というのは
何とも心もとない日々で。。。

今日こそは復活させるぞ~と
カバーを外し、メンテナンス開始!
CRC556(潤滑油)をスプレーし
ホコリと汚れを拭き取ったけど、何か違う。。

あれっ、いつもの匂いがしないぞ。。

ガソリンタンクを空けて中味をチェック
ガソリンはあるのにこちらも匂いがしない。。。

ここで気がつきました。
自分の嗅覚が感じなくなっていたんです。

原因不明の歯と目の激痛が
なんとか治まったのですが
こんどは嗅覚がなくなってしまいました。
うっ。。気がつかなかった。。。

バイクは車からケーブルを延ばし
なんとかエンジン始動!
途中で止まらないかドキドキでしたが
何とか鎌倉までの往復、走ってくれました

「歯の痛み」
「目の痛み」
「臭いを感じない」

これ、また
次に続きます。

LINEで送る
Pocket

16年ぶりの再会。。。その2

 
お店の地図をプリントして
鎌倉へバイクを走らせました。
何度か道に迷い、バイクを停まらせては
地図を引っ張り出し、を数回繰り返して
ようやく「もやい工藝」に到着。

鎌倉に幾つトンネルがあるのか知らないけど
お店の近くにあったトンネルは今まで
通ったことのない、思いもしなかった場所でした。

店内はとても趣のある
古風な日本家屋で日本全国からの
民芸品が展示販売されていました。

奥の方で豪快な話し声と
それを熱心に聞く後ろ姿の男性が2人。
あ、この人だ。。声を聞いていたら
しみじみと懐かしくなってしまいました。

3人の話しは終わりそうもなかったので、記念にと
日本酒を飲むのにちょうどよさそうな瀬戸の茶碗と
小鹿田焼の箸置きを購入。
店員さんから「どちらでお店を知ったのですか?」と
尋ねられ、いや、実は、、新聞を見て、、昔に、、と
出西での出会いをお話したら、ちょっとまってください!と
久野さんを呼んで頂きました。

お久しぶりです、というより
はじめまして、実は私、、と自己紹介をさせて頂き
(もちろん久野さんは憶えていらしゃらない様でしたが)
その後もバイクで各地の工房を見学して回り、
染工房裕として藍染している今迄をお伝えしました。

お忙しく、電話も鳴りっぱなしで、お店の客さんも多く、で
数分の会話でしたがいろいろと面白い話しを拝聴しました。
お電話の音も鳴り止まず状態で、店員さんに
お礼を伝えて頂く様、お願いして帰ってきました。

たぶん、これからも先に繋がって行く再会になりそうで、
自分にとってはとても嬉しい出来事でした。

鎌倉の「もやい工藝」さん
とてもおすすめのお店です。
日本全国の、優れた手仕事が集まっています。
是非一度足をお運びください。

もやい工芸にて購入

LINEで送る
Pocket