~クリスマスの4日ぐらい前~

 「夜と霧」 Nuit et brouillard
(1995年 フランス作品)
監督:アラン・レネ

ず~っと前に見たくて、
予約していたDVDがやっと手元に届いて今日拝見しました。

「夜と霧」はヴィクトール・E・フランクル著の
原作も
あって、こちらは数年前に読む事が出来ました。

ず~と、この作品の事がひっかかってて、、
何で「カティンの森」とか「夜と霧」が
こんなに気になるのか、わからないけど。。。

確か、初めて「夜と霧」の名前を聞いたのは
村上龍の小説の中(たぶんメランコリアかエクスタシーかタナトスのどれか)
それから、何人かの書評で「夜と霧」の紹介を見つけて、気になって気になって。
本を読んだら、、ちょっと衝撃で。。
DVDも、直視できるか不安だったけど
最初は字幕なしで。2回目は日本語字幕入りで見入ってしまいました。

「夜と霧」より

「夜と霧」より

「夜と霧」より

 冷たい水が虚構の溝を満たす
 悪夢のように濁って
 戦争は終わっていない
 今、点呼場に集まるのは雑草だけ
 見捨てられた町

 火葬場は虚構にナチは過去になる
 だか900万の霊がさまよう
 我々の中の誰が戦争を警戒し知らせるのか
 次の戦争を防げるのか

 今もカポが将校が密告者が
 隣にいる

 信じる人信じない人
 廃墟の下に死んだ怪物を見つめる我々は
 遠ざかる映像の前で
 希望が回復したふりをする
 ある国のある時期の話しと
 言い聞かせ

 絶え間ない悲鳴に
 耳を貸さぬ我々がいる

 映画『夜と霧』より

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

タイトルの
~クリスマスの4日位まえ~
って、今頃のことだけど
ブランキージェットシティーの「ライラック」って曲の中に
そんな歌詞があって、この季節になると
ブランキージェットシティーが
無性に聞きたくなる。。。。

同じブランキーの曲

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です