醇風満月堂のれん 藍染バージョン 納品

なんとか年内中に納品したくて、
年末も年末、年の瀬に大掃除もしないで、なんとか納品に間に合わせました~
ふぅー。
染裕 藍染満月堂のれん
麻生地に筒描で文字と文様を染抜いた藍染のれんです。
夏用の白生地バージョンもすっきりしてましたが、
やっぱり藍染に白文字のれんもいいですね
製作中のいろいろ、ご紹介します。
 

こちら、染め途中の状況です。
糊がついているので染まりをイメージして、、
念じるように染めてます。
2013染裕作 満月堂のれん
のれんなので、丈夫に染まるように
中干しながら何度も染め重ねています。
この写真は、多分6回目くらい
仕上げまでに10回染めました。
2013染裕作 満月堂のれん
生地を藍の液につけるので、染まらないよう
糊(モチ粉をコネて蒸し、良く練り込んだもの)を筒で置き、
液の中で溶けたり生地を汚してしまわないように卵の殻を砕いたものを付着させています。
本来、友禅ではひき粉(オガクズ)を使ったり
昔の文献を調べると、漁師さんの大漁旗では砂浜の砂を使ったりしたそうです。
染裕でもいろいろ試しましたが、現状では卵の殻がベストです。
(ちょっとした大発見ですよ、染裕的にですが)
染め途中はこんな状態です。
2013染裕作 満月堂のれん
年の瀬の西日を浴びせています。
太陽の光にあてると、堅牢度が増します。
染めていても、生地にしっかり染まっているのを実感できます。
2013染裕作 満月堂のれん
そして、糊を落としたのがこちら。
藍の液中で糊が弱ったり、折れたりすると
白場を汚してしまうんですが、今回はバッチリ奇麗に染まりました。
最後の最後まで気が抜けないのですが
糊を落とした瞬間、きれいにあがってるとホッとします。
2013染裕作 満月堂のれん
今回の藍染バージョンのれんは、
おまじない、魔除けの意味も含めて
竿を通すチチ部分本体の繋ぎに、ラスタとジャマイカ国旗を色付けてみました。
ちょっとしたアクセントです。
2013染裕作 満月堂のれん
そして、なんとか大晦日に無事納品する事ができました。
大変お待たせ致しました。
ご依頼頂きました、醇風満月堂のれん
生成り(夏用)と藍染(3シーズン用)ようやく納品完了!
2013染裕作 満月堂のれん
これで安心して年越しできます。
 
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です