「芸術闘争論」

ここ数年、スペースやコストがネックで
本は図書館から借りるようにしてます。

「芸術闘争論」村上隆 幻冬舎

予約して半年は待ってたかな
ちょっと、ひさしぶりに、ビリビリしてます。

 

この本に書かれていること、アートに興味の無い人には
全く意味不明なんだと思うけど、自分にとっては
電車で読むには内容濃すぎ。一度で読み流せない。。。

前作「芸術起業論」とセットで
制作活動の教科書になる本でした。

すごい個人的な思い出なのですが、、、
染裕をスタートした頃、明治神宮に初詣にいった参道で
村上隆さんとすれ違ったんですね。
すっごい人ごみの中でも、なんかオーラを感じて。

村上サンは初詣の帰りらしく、守護を何本も
アシスタントらしい女性と持っていて
自分はこれからお参りにいくところで、
参道の砂利道をほんの数秒だったんだけど。

その時に、ああ、、ってうまく言えないけど、
感じる空気があって。

ちょっとうまく言えないけど、この本は
自分の本棚に置いて、何度も読ませて頂きます。

そんでもって、これもうまく言えないけど、、
最近お気に入りの『金のカネゴン』
マイ本棚の番人なんだけど、
「芸術闘争論」の本といいコンビになりそうだな!
なんて思って。。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です