「五本指靴下」について思う事

「五本指靴下」について思う事を徒然なるままに。。。

「藍染」×「五本指靴下」
この組み合わせは最強コンビだと思っています
生地も丈夫になるし、踏ん張りも効くし、心地よい

「かかと付き」「かかとなし」「レディースサイズ」と種類が増えてきましたが
先日のメンズレギンスも含め、「藍染の肌着専門店」になろうかなぁ、なんて勢いで
いろんなサンプルを試験染めしています。

今回は、小さいサイズ、絹素材、重ね履用、タビックスタイプ、などなど
染めてみました。新商品としてご紹介出来るかもしれませんのでお楽しみに

いろいろと見つけては染めてみるのですが、、、
藍染との相性が良い生地で、染まりが良く、
安定して生地が仕入れられて、丈夫でお手頃な価格。
簡単な様で、なかなかこれらの条件を満たす五本指靴下ってないんです。。。
日常品の消耗品なんで、販売価格を1,000円前後に抑えたいと
おのずと限られてしまいます。(おすすめの靴下があったら教えて下さい~)

逆にこだわり抜いた生地で、原料も天然藍を使った
(通常の五本指は還元染インディゴピュアを使っています)
最高級タイプの商品もあっていいのかな???

さてさて、この五本指靴下なのですが
染めるのはちょっと手間がかかるんですね

吸水性が良く、色素も吸うし、洗いもしっかり洗うし
干すのにもスペースが必要で。。。
今迄、洗濯を干す時に傘を逆に広げた様なプラスチックの干竿を使っていたのですが
使い勝手が悪くて写真の吊し干竹を自作してみました

これが何とも快適!
使いやすくて良い感じ!染め上がりをうっとり眺めていたら
いろんなイメージが湧いてきて、、、、

これって何だか縁日のお面売り場(綿菓子も同じかな?)みたいで
イベントに出展する時も、こんな展示で靴下や手ぬぐいを並べたらきっと楽しいな~。。。

そしたら、少し模様や色をつけてみようかな~
ビー玉や金魚、唐草模様なんかもいいかな~
なんて考えながらニヤニヤしてしまって
五本指靴下を染めるのが
ちょっと楽しくなってしまった今日この頃でした。

次回は「シャツ」について思う事を少々。。。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です